« 真相 (横山秀夫) | トップページ | 聖夜の贈り物 (百田尚樹) »

2012年11月17日 (土)

影法師 (百田尚樹)

第2次大戦の零戦乗りを描いた『永遠の0』はよかった。あの作者が時代小説を書いていたなんて知りませんでした。読み始めて「あぁ、百田尚樹だなぁ」。なんというか、カチッとしているんです。筆頭家老・名倉彰蔵の回想によって物語は進むのですが「行き当たりばったりじゃなくてプロットを考えたんだろうな」という印象を受けます。

ま、そんなことはどうでもよくて、結果、面白かった! これが大事。

破格の出世を果たした名倉彰蔵に対して、幼なじみである彦四郎は不遇の人生の末に落命する。『永遠の0』を含めて、戦う男の姿が描かれているのですが、戦い方は人それぞれ。自分が生き残るのか、他人を生かすのか。登場人物が「ほんとうは何を思っていたのか」を考える時、小説は奥行きを持って迫ってきます。

お勧め度:★★★★☆

« 真相 (横山秀夫) | トップページ | 聖夜の贈り物 (百田尚樹) »

時代小説」カテゴリの記事