« 第三の時効 (横山秀夫) | トップページ | 影法師 (百田尚樹) »

2012年11月15日 (木)

真相 (横山秀夫)

『半落ち』『第三の時効』に続いて横山秀夫を手に取りました。

息子が殺されて10年後、犯人が逮捕され、息子が万引きしたのを目撃して金品を脅し取ったと供述。事件の「真相」は…? 村長選に出馬した理由はゴルフ場の18番ホールの位置を変えたかったから。前科者に世間の風は冷たく、また引っ越さなければならない。そこへ養子縁組の話が舞い込んで…。
  1. 真相
  2. 18番ホール
  3. 不眠
  4. 花輪の海
  5. 他人の家

警察小説の皮を被っていますが、本質は星新一のショートショート。ブラックユーモアが効いています。星新一がシンプルの極地ならば、横山秀夫はリアリティの権化。この小説を読み通すには精神力が必要なので、元気なときでなければ凹んでしまいます。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 第三の時効 (横山秀夫) | トップページ | 影法師 (百田尚樹) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ