« 半落ち (横山秀夫) | トップページ | 真相 (横山秀夫) »

2012年11月13日 (火)

第三の時効 (横山秀夫)

わたしにとって『半落ち』に続く横山秀夫です。以下6編を収録。
  1. 沈黙のアリバイ
  2. 第三の時効
  3. 囚人のジレンマ
  4. 密室の抜け穴
  5. ペルソナの微笑
  6. モノクロームの反転

いやぁ、上手い! 気に入ったのが「第三の時効」「密室の抜け穴」。「ペルソナの微笑」は怖かった。警察小説かと思ったら推理小説になってる。決して明るい話ではないので、読み始めるのにすこしパワーが要るけれど、読み始めたら一気です。

お勧め度:★★★★☆

« 半落ち (横山秀夫) | トップページ | 真相 (横山秀夫) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事