« 左京区恋月橋渡ル (瀧羽麻子) | トップページ | 風待ちの人 (伊吹有喜) »

2012年10月23日 (火)

うさぎパン (瀧羽麻子)

『左京区七夕通東入ル』の瀧羽麻子のデビュー作。小中と女子校だった優子が、共学の高校に進学。父親は海外に単身赴任、母親とは死別、継母と暮らす優子が、同じクラスの富田と「パン好き」という共通点があることがわかって…。

ほんわかとした、軽く読めちゃう青春小説です。「左京区」は主人公が大学生だけど、こちらは高校生。あとで思えばたいして年齢も違わないのだけれど、小説にすると高校生はずいぶんと子供に思えてしまいます。

お勧め度:★★★☆☆

« 左京区恋月橋渡ル (瀧羽麻子) | トップページ | 風待ちの人 (伊吹有喜) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ