« アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (ゲイル・キャリガー) | トップページ | 血に非ず 〜 新・古着屋総兵衛 1 (佐伯泰英) »

2012年10月15日 (月)

退屈姫君伝 (米村圭伍)

退屈したヤンチャ姫がいたずら三昧という、面白そうなお話なので読み始めたら、児童書のような文章に似合わず、かなり露骨な性描写。こんな時代小説は初めて。『しゃばけ』と同じ、柴田ゆうのイラストなのに…と思った方も多いのでは? 抵抗を感じつつも、なんとか読み終えました。

お決まりの悪党・田沼意次まで出てきますが、あっさり本人が登場すると軽くなってしまいます。でも、幕府の隠密やくノ一もみんな軽いからこれでよいのでしょう。

めだか姫が輿入れした先の小藩の江戸屋敷で、殿が国元に戻っている間、退屈した姫は藩の(七不思議ならぬ)「六不思議」を解くことに。謎解きというほどのことはありませんが、退屈を紛らすことくらいはできそう。続巻もあるようですが、あまり食指が動きません。

お勧め度:★☆☆☆☆

2巻が「退屈姫君 海を渡る」、3巻が「退屈姫君 恋に燃える」、4巻は「退屈姫君 これでおしまい」で完結です。

« アレクシア女史、欧羅巴(ヨーロッパ)で騎士団と遭う (ゲイル・キャリガー) | トップページ | 血に非ず 〜 新・古着屋総兵衛 1 (佐伯泰英) »

時代小説」カテゴリの記事