« 血に非ず 〜 新・古着屋総兵衛 1 (佐伯泰英) | トップページ | 左京区七夕通東入ル (瀧羽麻子) »

2012年10月17日 (水)

百年の呪い 〜 新・古着屋総兵衛 2 (佐伯泰英)

ダークファンタジーならぬ、ダーク時代小説。『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズにも、卜師というか呪術紙のような雹田平なる唐人が登場しますが、この『新・古着屋総兵衛』ではそんなのばっかり。磐音では田沼意次、総兵衛では柳沢吉保。歴史上の権力者を敵にして、暗闘ものにしてしまうのが常套手段なのかしらん。

このシリーズは残念ながら、わたしの好みには合わないようです。

« 血に非ず 〜 新・古着屋総兵衛 1 (佐伯泰英) | トップページ | 左京区七夕通東入ル (瀧羽麻子) »

時代小説」カテゴリの記事