« 退屈姫君伝 (米村圭伍) | トップページ | 百年の呪い 〜 新・古着屋総兵衛 2 (佐伯泰英) »

2012年10月16日 (火)

血に非ず 〜 新・古着屋総兵衛 1 (佐伯泰英)

鶴舞図書館で1〜2巻を見つけたので借りてきました。古着屋総兵衛のなにが「新」でなにが「旧」なのかは不明です。

「必殺仕事人」みたいな血なまぐさい世界です。そういえば「鎌倉河岸捕物控」シリーズでも古着屋の話は出てきました。江戸の町に夜盗が跳梁跋扈して困った家康が、盗賊の頭目を捕え「夜盗を江戸から一掃したら、古着屋の鑑札と土地を与えよう」と約束したとか。つまり、表向きは古着屋大黒屋、裏では将軍家の影仕事を請け負う仕事人!

しかし、大黒屋はいまではお庭番衆を敵に回している状態。大黒屋にあだなすものは「殲滅」するという乱暴さ。これは十代目宗五郎(政次)が見過ごすはずがありません。双方を勝負させたら面白いのでは?

さて、物語は九代目総兵衛が死にかけているところから始まります。幹部が集まって十代目をどうするか思案するのですが、九代目は死の床で「血に非ず」と呟きます。直系の血筋でなくてもいいということ?

そんなに慌てなくても、じきに都合良く後継者が現れるに決まってます。ほら、来た! しかもベトナムからイカサマ号に乗って。あ、イマサカ号でした。(失礼)

お勧め度:★★☆☆☆

« 退屈姫君伝 (米村圭伍) | トップページ | 百年の呪い 〜 新・古着屋総兵衛 2 (佐伯泰英) »

時代小説」カテゴリの記事