« 僕とおじいちゃんと魔法の塔 3 (香月日輪) | トップページ | 東雲の空 ~ 居眠り磐音 江戸双紙 38(佐伯 泰英) »

2012年9月30日 (日)

僕とおじいちゃんと魔法の塔 4 (香月日輪)

芸術家の住処だった「魔法の塔」の住人は、龍神(たつみ)、幽霊おじいちゃんと使い魔ギルバルスの3人(?)から始まって、同級生の信久、美少女魔女エスペロスに続いて、天才肌の先輩・雅弥(まさみ)も自分の部屋を持つことに。その度にギルバルスは「けっ」と悪態をつくのでした。
  1. 夏休み前の出来事
  2. 半径五十メートルの世界で
  3. お前のためじゃない!
  4. 夏休みです
  5. 遊んでますけど何か?
  6. ちょっとお部屋を拝見
  7. 悪魔ミロワールと魔導書アルマモンド

雅弥は勉強でもスポーツでも楽器でも幼い頃からなんでもできたから熱くなるということがありません。それが、この奇想天外な塔で、人外の連中と付き合ううちにすこしずつ変わっていきます。龍神の弟・和人と妹・晶子も含めて、子供たちが変わっていく様子が頼もしい。

日常とはかけ離れた場所で、ごくふつうの日常を送る人たちが可笑しい。4巻まで読んできて、細かいことは気にならなくなってきました。次巻が楽しみです。

お勧め度:★★★☆☆

« 僕とおじいちゃんと魔法の塔 3 (香月日輪) | トップページ | 東雲の空 ~ 居眠り磐音 江戸双紙 38(佐伯 泰英) »

現代小説」カテゴリの記事