« 熱海湯けむり 〜 鎌倉河岸捕物控 18 (佐伯泰英) | トップページ | 神様のメモ帳 8 (杉井光) »

2012年9月19日 (水)

針いっぽん 〜 鎌倉河岸捕物控 19 (佐伯泰英)

江戸城中で亡くなった人を棺に入れて運び出す不浄船。それが二艘続けて出てくるのを目撃した政次たち。翌日、政次が稽古に出向いた神谷道場で加納という武家に木刀稽古を挑まれる。じつは加納は大奥に関わる御鈴廊下目付。昨夜の不浄船に関わりがあるのでは…。
  1. 湯治絵百景
  2. 大奥・呉服の間
  3. 大奥・女忍び
  4. 彦四郎の告白
  5. 両替詐欺

町方は武家はもちろん、ましてや城中、大奥のことになど関われるはずもない。なのに「金流しの十手」を振りかざせば不可能はないという勢いに違和感をおぼえます。実質、10代目への世代交代も済んだことだし、そろそろシリーズ完結でもよいのでは?

お勧め度:★★★☆☆


« 熱海湯けむり 〜 鎌倉河岸捕物控 18 (佐伯泰英) | トップページ | 神様のメモ帳 8 (杉井光) »

時代小説」カテゴリの記事