« 八丁堀の火事 〜 鎌倉河岸捕物控 16 (佐伯泰英) | トップページ | 熱海湯けむり 〜 鎌倉河岸捕物控 18 (佐伯泰英) »

2012年9月15日 (土)

紫房の十手 〜 鎌倉河岸捕物控 17 (佐伯泰英)

宗五郎とおみつは箱根へ温泉旅行へ。ふたりに付き添うしほが途中、見かけた男が、大阪から流れてきた指名手配中の強盗かもしれない。宗五郎は似顔絵といっしょに、江戸の政次に手紙を送ります。
  1. 湯治行き
  2. 浪速疾風のお頭
  3. おしょくりの荷
  4. 中橋広小路の大捕物
  5. 政さんの女

旅先の宗五郎と、江戸の政次との連携プレイが見所です。3話の「おしょくり」とは「押し送り」の意。つまり早船です。

お勧め度:★★★★☆


« 八丁堀の火事 〜 鎌倉河岸捕物控 16 (佐伯泰英) | トップページ | 熱海湯けむり 〜 鎌倉河岸捕物控 18 (佐伯泰英) »

時代小説」カテゴリの記事