« 夢の夢 〜 鎌倉河岸捕物控 15 (佐伯泰英) | トップページ | 紫房の十手 〜 鎌倉河岸捕物控 17 (佐伯泰英) »

2012年9月13日 (木)

八丁堀の火事 〜 鎌倉河岸捕物控 16 (佐伯泰英)

金座裏におかしな相談事が持ち込まれます。古着問屋の跡取り息子が吉原に男衆と居残って帰って来ないというのです。客として上がったのですが、花魁には指一本触れず、布団部屋に住み込んで働いているのは一体なぜ?
  1. 居残り亮吉
  2. 八丁堀の火事
  3. 妾と悪党
  4. 鳥越神社の賭場
  5. 富沢町娘の行列

1話は、亮吉を布団部屋に送り込んで若旦那の本心を探り出そうという作戦。しかし、亮吉の身元があっさり割れてしまい、挙句、湯殿で花魁の肌を見た亮吉は目を回して倒れてしまいます。

吉原を出た若旦那は一体なにを考えていたのか。それが最後の5話で明かされます。期待させてくれたわりにいまひとつ、かな。

お勧め度:★★★☆☆


« 夢の夢 〜 鎌倉河岸捕物控 15 (佐伯泰英) | トップページ | 紫房の十手 〜 鎌倉河岸捕物控 17 (佐伯泰英) »

時代小説」カテゴリの記事