« さくら荘のペットな彼女 6 (鴨志田一) | トップページ | 虚無への供物 (上) (中井英夫) »

2012年7月11日 (水)

さくら荘のペットな彼女 7 (鴨志田一)

仁と美咲が卒業して、さくら荘の部屋がふたつ空いたのですが、はうはうの弟・姫宮伊織と、ストレスが溜まるとパンツを脱いでしまう長谷栞奈(かんな)がさくら荘に住むことになり早速満員御礼! さらに、入試に落ちたはずの空太の妹・優子がなぜか制服を着て空太のベッドで眠りこけてて…そこへましろが入ってきて「誰、この女?」。

6巻はつまらなかったけれど7巻は調子が戻って面白かった。空太とましろのつっこみ漫才も健在です。しかし、新たにさくら荘に加わった変態2名。真に指弾されるべき変態は作者だと思います。女性ファンなくしてません?

それにしても、ましろも成長したものです。まだ生活力はないけれど、もう「ペット」とはいえません。空太はましろと七海のどちらを選ぶのか。ふつに考えたら七海のほうが「ふつうの彼氏彼女」になれる。ましろを選ぶと苦労するに決まってる。でも、恋は損得勘定じゃない。

空太たちが高校卒業まであと1年。最後まで付き合ってみようと思います。

お勧め度:★★★★☆

« さくら荘のペットな彼女 6 (鴨志田一) | トップページ | 虚無への供物 (上) (中井英夫) »

ライトノベル」カテゴリの記事