« 生徒会探偵キリカ 2 (杉井光) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 〜 午前1時の恋泥棒 (大沼紀子) »

2012年6月29日 (金)

真夜中のパン屋さん 〜 午前0時のレシピ (大沼紀子)

世田谷通りと246号線が交わる場所って…三軒茶屋ですか。そこにあるパン屋さん「ブランジェリークレバヤシ」でのお話です。

お人好しと変わり者。三十路男ふたりの店という点で 『まほろ駅前多田便利軒』 (三浦しをん)を思い出しました。あちらは便利屋ですが、こちらはパン屋。しかも23〜5時の深夜営業。おっとりタイプの店主は暮林。フランス仕込みのパン職人・弘基は腕はいいが口は悪い。そこへ暮林の妻・美和子の妹と名乗る女子高生・希美が転がり込んできて…。

希美は怒ってばかりなのに暮林は笑顔を絶やさず調子が狂いっぱなし。希美が戸惑う様子が可笑しい。

1章は篠崎希美の生い立ち、2章は母親を待ち続ける水野こだま、3章はのぞき魔・班目裕也、4章はニューハーフ・ソフィア、5章は美和子を追っかける柳弘基、6章が暮林陽介の人生。

班目もソフィアもどう見ても怪しいのだけど、パンに惹かれて店に通うようになり、こだまの問題に力を貸すようになり、気がつくと意外といい奴だったりするあたり、パンの焼けるおいしそうな匂いと相まって、ほっこりと幸せな気分になれる1冊です。

読み終えるなり「これ面白いから読んでみて」と次男に渡して、続巻を求めて書店へ走りました。

お勧め度:★★★★★

« 生徒会探偵キリカ 2 (杉井光) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 〜 午前1時の恋泥棒 (大沼紀子) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ