« 氷菓 (米澤穂信) | トップページ | 陽だまりの彼女 (越谷オサム) »

2012年4月21日 (土)

まほろ駅前番外地 (三浦しをん)

『まほろ駅前多田便利軒』の続編スピンアウト小説です。前作を読んでから時間が経っていたので「これ、誰だっけ?」という問題もありましたが、ほのぼの、どたばた、とぼけてて面白かった。
  1. 光る石
  2. 星良一の優雅な日常
  3. 思い出の銀幕
  4. 岡夫人は観察する
  5. 由良公は運が悪い
  6. 逃げる男
  7. なごりの月

汚れた部屋の掃除、老人の見舞い、庭掃除にに遺品整理、料理に子守り。力仕事はともかく、多田と行天の高校同級生コンビに料理や子守りができるのか? それは読んでのお楽しみ!

お勧め度:★★★★☆

« 氷菓 (米澤穂信) | トップページ | 陽だまりの彼女 (越谷オサム) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ