« ぬしさまへ (畠中恵) | トップページ | おまけのこ (畠中恵) »

2012年3月19日 (月)

ねこのばば (畠中恵)

「しゃばけ」シリーズ第3弾。以下5編の連作短編集です。
  1. 茶巾たまご
  2. 花かんざし
  3. ねこのばば
  4. 産土(うぶすな)
  5. たまやたまや

1話は、兄の松之助に舞い込む縁談に始まる殺人事件。貧相な下男を雇うことになった長崎屋は…。2話は、迷子の少女・於りん(おりん)の家を探して送っていこうとすると「帰ったら、於りんは殺されるんだって」。3話は、広徳寺に捕えられた猫又を助け出そうと一太郎は、妖封じの法力をもつ寛朝御坊と対決することになるが…。4話は、犬神である佐助の昔話。5話は、放蕩息子になろうと決めた一太郎は、ある調査に出るが…。

面白くて、一気に3巻まで読んでしまいました。

お勧め度:★★★★★

フジテレビで2007年に「しゃばけ」は2時間ドラマ化されています。鳴家が可愛かった。

« ぬしさまへ (畠中恵) | トップページ | おまけのこ (畠中恵) »

時代小説」カテゴリの記事