« きんぴか 2 血まみれのマリア (浅田次郎) | トップページ | まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん) »

2012年2月29日 (水)

きんぴか 3 真夜中の喝采 (浅田次郎)

悪漢小説「きんぴか」の最終巻です。
  1. 一杯のうどんかけ
  2. 真夜中の喝采
  3. 裏街の聖者
  4. チェスト! 軍曹
  5. バイバイ・バディ

1話は、蕎麦を食うというピスケンと、うどんだと主張する軍曹。軍曹の腕力が勝り、入ったうどん屋に 「一杯のかけそば」(栗良平)みたいな母子がやってくるが、じつは…。

2話は、山内龍造代議士が暴力団から賄賂を受け取る現場をスクープした記者・草壁明夫が殺された。そして、山内の私設秘書・榊原六平は星野組本部で麻雀で珍しくひとり勝ちしていた。「矢でも鉄砲でも持ってこい。大砲でもええぞ!」すると、大砲が来た。軍曹とピスケンは自衛隊から借用した(盗んだ)ジープに積んだ106mm無反動砲で本部の1階部分を吹き飛ばしたのだ。一方、草壁の死にショックを受けた広橋も行動を起こし…。

3話は、広橋の別れた妻の再婚相手・仙太郎は毎日、歌舞伎町の場末の診療所で外国人ホステスたちの診療に(家族には内緒で)当たっていた。そこへ偶然「血まみれのマリア」とピスケンが、道ばたでうずくまっていたホステスを連れてくると…。

4話は、故郷の鹿児島に里帰りした軍曹は、20年前となんら変わらない時代錯誤な家族を見て安心するやら哀しくなるやら…。

5話は、アルツハイマー状態だった四代目天政連合会総長・新見源太郎が突然正気づいて五代目総長を選ぶと言い出した。ひと仕事終えて、ピスケン、軍曹、広橋はそれぞれの道を歩き始める…。

今回、面白かったのは2話と3話。「きんぴか」が書かれたのは1992、1993、1994年で「プリズンホテル」は1993、1994、1995、1997年だから「きんぴか」が先行するものの「プリズンホテル」と同時期もあるわけです。すると「血まみれのマリア」については「きんぴか2」に登場したのち「プリズンホテル3」にも顔を出したことになります。

わたしの好みとしては「きんぴか」もいいけれど「プリズンホテル」のほうが面白かったかな。

お勧め度:★★★☆☆

« きんぴか 2 血まみれのマリア (浅田次郎) | トップページ | まほろ駅前多田便利軒 (三浦しをん) »

現代小説」カテゴリの記事