« 図書館革命 〜 図書館戦争シリーズ 4 (有川浩) | トップページ | 北村薫の創作表現講義 〜 あなたを読む、わたしを書く (北村薫) »

2012年1月 8日 (日)

空飛ぶ馬 (北村 薫)

「六の宮の姫君」を読んでから、それが「円紫さん」シリーズの4巻目だと知って、シリーズ第1巻の「空飛ぶ馬」を手に取りました。おかげで、主人公の女子大生「私」と落語家の円紫さんとの出会いもわかりました。
  1. 織部の霊
  2. 砂糖合戦
  3. 胡桃の中の鳥
  4. 赤頭巾
  5. 空飛ぶ馬

女子大生の日常生活や旅先で起こる出来事や謎を名探偵・円紫さんが解くというスタイル。 円紫さんはもちろん、主人公も本好きの女子大生なので、なかなか博学です。その博学ぶりがいかんなく発揮されているのが「六の宮の姫君」だったのです。主人公が興味を持った糸口を辿って「謎」を解いていく様子は面白かった。

一方「空飛ぶ馬」では、日常のちょっとした「あれ?」という出来事を掘り下げてみる話題もが含まれています。そのあたりの背景は「北村薫の創作表現講義 〜 あなたを読む、わたしを書く」をごらんください。

お勧め度:★★★☆☆

« 図書館革命 〜 図書館戦争シリーズ 4 (有川浩) | トップページ | 北村薫の創作表現講義 〜 あなたを読む、わたしを書く (北村薫) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ