« せどり男爵数奇譚 (梶山季之) | トップページ | 図書館危機 〜 図書館戦争シリーズ 3 (有川浩) »

2012年1月 5日 (木)

図書館内乱 〜 図書館戦争シリーズ 2 (有川浩)

文庫1巻目は、久しぶりに読んで笑えたのですが、2巻目はちょっと内容が重たいし、筋書きを覚えているので本編をパスし「文庫版あとがき」、小牧と鞠江のショートストーリー「ロマンシング・エイジ」、「児玉清×有川浩対談 その2」を読みました。

対談のなかで「世間がものすごく狭量になってきている」という話がありました。昔は社会がもっと寛容だった。いじめはあっても「いじめ問題」はなかったし、悪ガキ小学生が教師に平手を食っても問題にならなかったし、車のクラクションやピアノの音で人殺しなんてありえなかった。東京に住んで満員電車に乗っていると、人が多すぎるからギスギスするのだと思ってましたが、東京に限ったことではないので人口密度の問題ではないのでしょう。

作者いわく、権利を主張する人は増えたけど義務が疎かになってる。権利と義務はセットだよ、と。そういうまっとうな感覚を大切にしたいと。ぜひ、そのようにお願いしたい!

お勧め度:★★★☆☆

« せどり男爵数奇譚 (梶山季之) | トップページ | 図書館危機 〜 図書館戦争シリーズ 3 (有川浩) »

現代小説」カテゴリの記事