« 小夜しぐれ 〜 みをつくし料理帖 5 (高田 郁) | トップページ | 図書館戦争 〜 図書館戦争シリーズ 1 (有川浩) »

2011年12月30日 (金)

心星ひとつ 〜 みをつくし料理帖 6 (高田 郁)

つる家の料理人・澪は、周囲が善かれと思って「お膳立て」をしてくれるのはうれしいけれど、あちらを立てればこちらが立たず、迷い惑い揺れるのでした。
  1. 青葉闇 — しくじり生麩
  2. 天つ瑞風 — 賄い三方よし
  3. 時ならぬ花 — お手軽割籠
  4. 心星ひとつ — あたり苧環

2話では、翁屋の伝右衛門が手を貸すから吉原に店を出さないかと誘い、登龍楼からは神田須田町の店を居抜きで譲ろうといってきます。つる家の種市や芳たちは侃々諤々。まず相手の気持ちを考えてしまう澪は決めることができません。わたしも読みながら、それぞれの道に進んだ澪を想像してみたのですが、どちらもピンと来ません。それじゃ葛藤が消えてしまってつまらない。(笑)

4話は「お膳立て」の極めつけ。しかし、あれこれ手を差し伸べてもらえるのですから澪は果報者です。ちなみに、心星というのは北極星のこと。ここでは自分が目指すべき方向を意味します。澪がどんな心星を見つけるのか次巻が楽しみです。6巻まで一気に読んでしまいました。これまで年2巻ペースだから、7巻が出るのは2012年かなぁ。待ち遠しいです。

お勧め度:★★★★☆

« 小夜しぐれ 〜 みをつくし料理帖 5 (高田 郁) | トップページ | 図書館戦争 〜 図書館戦争シリーズ 1 (有川浩) »

時代小説」カテゴリの記事