« 日暮らし (上) (宮部みゆき) | トップページ | あかんべえ (上) (宮部みゆき) »

2011年11月29日 (火)

日暮らし (下) (宮部みゆき)

「ぼんくら」では曖昧になっていた湊家に関わる問題が明らかになります。やっとすっきりしました!
  1. 日暮らし(承前)
  2. 鬼は外、福は内

湊家総右衛門と妻・おふじ。彼らの息子宗一郎、宗次郎と娘おすず。そして総右衛門の妾・葵とその息子佐吉。佐吉の妻・お恵。別宅で暮らす葵の世話をするお六とふたりの娘。お六を付け狙うストーカー孫八。煮売家お徳と庖丁人・彦一、そしておまんとおさん。岡っ引き政五郎とおでこ。平四郎と甥の弓之助、等々。まだまだ登場します。

ミステリー(推理小説)は詳しくないのですが、推理するためには手がかりをひととおり見せておくものでしょう。そういう意味では「ぼんくら」「日暮らし」は新事実が発覚して話が転がっていくのですから推理しようがなく、ミステリーとはいえません。「一体誰が犯人(下手人)なんだ?」という疑心暗鬼がミステリアスではありますけど。

「ぼんくら」と「日暮らし」で1冊だと思ったほうがいい。そのほうが絶対面白い。「ぼんくら」だけだと中途半端なオチになるし「日暮らし」だけでは以前の話がわからないから100%楽しむのはむずかしい。

ぼんくら同心・平四郎シリーズ第3弾「おまえさん」が刊行されたようですが、これは湊家とは関わりのない別のお話のようです。

お勧め度:★★★★☆

庖丁人・彦一はその後どうなったのか気になります。

« 日暮らし (上) (宮部みゆき) | トップページ | あかんべえ (上) (宮部みゆき) »

時代小説」カテゴリの記事