« 彼女は戦争妖精 小詩篇2 (嬉野秋彦) | トップページ | ラブコメ (松久淳+田中渉) »

2011年9月25日 (日)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (万城目 学)

「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」の万城目 学の作品ということで手に取ってみました。結果は大正解!

かのこちゃんは小学校に上がったばかり。家族は、両親と老いた柴犬の玄三郎と、その妻マドレーヌ。犬と猫が夫婦!? マドレーヌはメス猫なのですが「外国語」が話せるので犬である玄三郎と意思を通じることができるのです。

不思議なマドレーヌも面白いけれど、なんといってもかのこちゃんがいい味出してます。まだ小1だけど優しくて賢い。父親いわく「かのこ」という名前は「鹿に教えてもらった」とか。それはきっと「鹿男あをによし」に出てきた鹿でしょう。

人間と動物の世界を分け隔てなく描いた人情噺、猫の恩返し。そう、ジブリのアニメにしてほしいような隠れた名作。お勧めです!

お勧め度:★★★★★

« 彼女は戦争妖精 小詩篇2 (嬉野秋彦) | トップページ | ラブコメ (松久淳+田中渉) »

現代小説」カテゴリの記事