« 天国の本屋 (松久淳+田中渉) | トップページ | 天国の本屋 3 〜恋火 (松久淳+田中渉) »

2011年9月 1日 (木)

天国の本屋 2 〜うつしいろのゆめ (松久淳+田中渉)

「天国の本屋」シリーズ第2弾。イズミが金持ちの男とハワイへ婚前旅行に出発しようとしている空港ロビーで、アロハシャツを着た爺さんが現れ「この人、結婚詐欺師ですよ」。その一言ですべてがパー! 直後、金持ちの男の誘拐を目論む犯人が…。

アロハシャツに麦わら帽子のヤマキがイズミに勧めた仕事は「お手伝いさん」。その家の主に立ち退きを認めさせれば大金が手に入ると聞いて俄然やる気になったものの、主は偏屈爺さん。あらゆる事に文句をつけてくるのですが、イズミはなぜか家事が楽しくなってきて、小言も聞き流せるようになってきます。

今回の朗読は「スーホーの白い馬」。我が家でも子供たちが小さい頃、何度も読み聞かせした絵本です。ヤマキがスカウトした人物はみんな朗読が上手なようです。

大事なのは、そこが現世なのか、あの世なのかではなく、誰と出会い、どう接するかなのだと気づかせてくれるストーリー。ほんのり胸が暖かくなる一冊です。

お勧め度:★★★★☆

« 天国の本屋 (松久淳+田中渉) | トップページ | 天国の本屋 3 〜恋火 (松久淳+田中渉) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ