« さよならピアノソナタ encore pieces (杉井 光) | トップページ | オレたち花のバブル組 (池井戸 潤) »

2011年6月25日 (土)

オレたちバブル入行組 (池井戸 潤)

支店長命令で5億円融資した会社が倒産。主人公の融資課長・半沢に責任を押し付ける支店長。このままでは懲罰人事が待ってる。ピンチを切り抜けるには債券回収あるのみ。どうも銀行には良いイメージがないので避けていたのですが「これも池井戸潤だから読んでみようか」。

すると「空飛ぶタイヤ」や「下町ロケット」での中小企業の社長と同じ立ち位置に半沢課長はいたのです。有利な立場や権力をかさに弱者をいたぶる連中を許すな! というわけで、かなり面白かったです。

序盤は「おいおい、これはまずい展開では?」とヒヤヒヤしていたのが、中盤以降、反撃開始。そこまでやるか!という部分もありますが、やるなら徹底的にやりましょう。(笑)

お勧め度:★★★★☆

文句なく面白いのですが、最後のオチは納得いきません。たとえあなたが告発しなくても、無罪放免というわけにはいかないでしょう。逆転満塁ホームランというべき栄転につなげたかったのでしょうけれど無理があるのでは?

« さよならピアノソナタ encore pieces (杉井 光) | トップページ | オレたち花のバブル組 (池井戸 潤) »

現代小説」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ