« ヒプノスの回廊 〜 グイン・サーガ外伝 22 (栗本 薫) | トップページ | スーパーヒーローの秘密~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン) »

2011年5月 5日 (木)

コブの怪しい魔法使い~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン)

ニューヨークの魔法使いオーウェンと、テキサス出身のイミューン(魔法が効かない体質)であるケイティが繰り広げる「じれったいロマンス」ファンタジー「魔法製作所」シリーズ第4弾。

第3巻「おせっかいなゴッドマザー」で、ピンチの際にもまずケイティを守ろうとするオーウェンの「弱点」に自分がなっていることに気づいて、ケイティはひとりニューヨークを離れ、故郷のテキサス州コブに戻ります。

そのときは「田舎に引っ込んでしまうのか」とガッカリしたのですが、ニューヨークに負けず劣らず大騒動になって面白いのなんの! 魔法とは全く無縁な土地だったはずなのに、新米魔法使いが市民から小銭をだまし取っているらしい。そして、その背後にはオーウェンの宿敵イドリスがいたのです。

いつもは困った事態になってもひとりで抱え込んでしまうケイティなのですが、今回は素直に(株)MSIに連絡、相談します。送り込まれてきたスタッフはガーゴイルのサム。そして、やはりオーウェンが登場します。娘の彼氏がニューヨークから会いにやってきた、というわけで、ケイティの母親は自分の家に泊めて歓待攻め。両親に3人の兄とその妻子、ちょっと変わり者の祖母らの巻き起こす喧噪の合間を縫って、謎の魔法使いを捕まえるべく動き始めるわけですが、なんと、その魔法使いは…。

あとで思えば、ありえる展開だったわけですが、実際にはサプライズでした。なかなか進展しない、オーウェンとケイティの恋に「おまえたちは高校生か」とイライラしていたのですが、今時貴重な天然記念物的存在。「奥ゆかしくていいかも」と思うようになりました。(笑)

1〜4巻まででいちばん素直に楽しめました。オーウェンでもマーリンでもなく、なぜか、いつもケイティのまわりで魔法騒動が持ち上がるのです。さて、オーウェンはイドリスを懲らしめることができるのでしょうか。

お勧め度:★★★★★

« ヒプノスの回廊 〜 グイン・サーガ外伝 22 (栗本 薫) | トップページ | スーパーヒーローの秘密~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事