« ダーリンの頭ン中 2 (小栗左多里&トニー・ラズロ) | トップページ | パズルの軌跡 (機本伸司) »

2011年4月29日 (金)

神様のパズル (機本伸司)

K大学理学部4年の綿貫基一は量子力学1と卒論に卒業がかかっているし、就職活動もしなければならない。そこにゼミの担当教授から「お願い」をされる。不登校の天才少女・穂瑞沙羅華(ほみず さらか)をゼミに出るように説得してほしいというのだった。そんなとき、聴講生の老人から「宇宙は無から生まれたって本当ですか? もしそうなら宇宙を作ることはできますか?」。そのことを穂瑞に話すと、ゼミに現れて、綿貫とふたりで「宇宙は作ることができる」ことを証明することになったのだが…。

K大学というと、わたしの場合「京都大学」が思い浮かぶのですが「関西の私立大学らしい」とか。K大学なんて山ほどあって、そこから理学部のある大学を調べてたら疲れました。作者の母校である甲南大学理学部じゃないでしょうか、たぶん。でも小説には関西弁(神戸弁)があまり出てこないんだよなぁ。

「無ならどこにでもあるから宇宙を作れるはずだ」といえば、そうかなと思うけれど「ビッグバンを起こせるか」と言われると超高温かつ超高密度の状態を作るのは難しいだろうと、素人でも考えます。ディベートとして論じることで物語として成立させているのは上手いと思います。フィクションではありますが、物理学に興味のある方は楽しめることでしょう。

沙羅華は(母親が優秀な精子を買って)人工授精で生まれた天才児。父親がいないことにコンプレックスを持ち、学校ではいじめに遭い、教師を含めても興味のある対象の話ができる相手もいない孤独な境遇で育ってきました。16歳のかわいい少女ということですが、男言葉でぶっきらぼう、愛想ゼロでは誰も近づかなくなるでしょう。

それでも「綿さん」と呼ばれて彼女に認められた気配の綿貫くんが奮闘して物語は佳境へと向かいます。ある部分「神様のメモ帳」のアリスとナルミの関係に似ています。まだアリスのほうが愛嬌があるかな。(ラノベだし)

お勧め度:★★★★☆

この本は以前読んだことがあるのですが、続編「パズルの軌跡」のために読み直しました。

« ダーリンの頭ン中 2 (小栗左多里&トニー・ラズロ) | トップページ | パズルの軌跡 (機本伸司) »

現代小説」カテゴリの記事