« Windows から MacOS Xへ | トップページ | アイダ王女の小さな月 〜 魔法の国ザンス (ピアズ・アンソニー) »

2011年4月 1日 (金)

鉄道員 (浅田次郎)

映画にもなった「鉄道員(ぽっぽや) 」をはじめ、下記の8篇から成る短編集です。

  1. 鉄道員
  2. ラブ・レター
  3. 悪魔
  4. 角筈にて
  5. 伽羅
  6. うらぼんえ
  7. ろくでなしのサンタ
  8. オリヲン座からの招待状

以前ご紹介した「椿山課長の7日間」も死んだ人間が3日間だけ現世に戻ってくるという、ちょっぴりホラーっぽい小説でしたが、この短編集にも似たような空気が漂っています。それにしても、うらぶれた場末の風景や、そこで生きる人間の心情が見事に書かれています。

8篇のなかで気に入ったベスト3は「ラブ・レター」「鉄道員」「うらぼんえ」です。哀しく切ないけれど心温まる話。

お勧め度:★★★★☆

« Windows から MacOS Xへ | トップページ | アイダ王女の小さな月 〜 魔法の国ザンス (ピアズ・アンソニー) »

現代小説」カテゴリの記事