« トッカン―特別国税徴収官 (高殿 円) | トップページ | 赤い靴の誘惑~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン) »

2011年2月20日 (日)

ニューヨークの魔法使い~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン)

ユーモアファンタジーとしてはピアズ・アンソニーの「魔法の国ザンス」シリーズが好きなのですが、この「(株)魔法製作所」シリーズも面白い。ザンスは純粋な(?)ファンタジーの世界ですが、魔法製作所は現代のニューヨークに存在する魔法社会が舞台です。映画でたとえるなら「9 to 5」+「ハリー・ポッター」といったところでしょうか。 

主人公はテキサス出身のケイティ・チャンドラー、26歳。本を開いた途端「う、文字が多い」。このケイティがよくしゃべるんです。いかにもアメリカ人らしいユーモア満載で笑えます。

田舎から出てきて1年、ニューヨークで勤める会社のボスは二重人格のイヤな奴。そこへ新しい働き口の誘いを受けるのですが、それが魔法製作所だったのです。そういえば、ニューヨークに出てきてから、背中に羽をつけた妖精みたいな人とか、教会の屋根にガーゴイルがとまっていたり消えたりしてたっけ。「都会には変わった人がいるんだなぁ」と思っていたけれど、ふつうの人にはめくらましが効いてたのが、ケイティは魔法が効かない体質(イミューン)なのでそのまま見えてしまっていたわけです。

魔法使いたちにとってイミューンは貴重な存在。契約書のめくらましなどを見抜くことができるからです。ということでケイティは転職。そこのCEOはアンブローズ・マーヴィン。マーヴィン? なんと彼はあの…だったのです!

ニューヨークで魔法ビジネスを行う会社のOLになったケイティの目を通して魔法社会を体験してみませんか?

お勧め度:★★★★☆

« トッカン―特別国税徴収官 (高殿 円) | トップページ | 赤い靴の誘惑~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« トッカン―特別国税徴収官 (高殿 円) | トップページ | 赤い靴の誘惑~(株)魔法製作所 (シャンナ・ウェンドソン) »