« 退出ゲーム (初野 晴) | トップページ | 空想オルガン (初野 晴) »

2011年2月14日 (月)

初恋ソムリエ (初野 晴)

「退出ゲーム」の続編(ハルチカ・シリーズ第2弾)です。今回も4編の連作を収めてあります。

  1. スプリングラフィ
  2. 周波数は77.4MHz
  3. アスモデウスの視線
  4. 初恋ソムリエ

高校の吹奏楽部が舞台にしては(前巻では)音楽の話題が少なかったのですが、今回は吹奏楽の甲子園「普門館」を目指して仲間集めと練習に熱が入ります。ちょっと音楽小説っぽくなってきましたが、穂村千夏と上条春太は例によって他所事に巻き込まれて、というより首を突っ込んでいくのでした。

4編のうち、いちばん面白かったのは「アスモデウスの視線」。アスモデウスというのは「ソロモン王に封印された72柱の悪魔のひとり。色欲を司る悪魔」。なにやら穏やかならざるタイトルですが、水面下に重いテーマが沈んでいます。この作者は「隠し味の秘密を聞いてビックリ」みたいな作り方が好きなようです。その証拠が「初恋ソムリエ」。タイトルは高校生らしく、ほんわかしていますが実際は…読んでからのお楽しみ!

お勧め度:★★★★☆

« 退出ゲーム (初野 晴) | トップページ | 空想オルガン (初野 晴) »

ミステリー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 退出ゲーム (初野 晴) | トップページ | 空想オルガン (初野 晴) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ