« 誰か (宮部みゆき) | トップページ | 落日燃ゆ (城山三郎) »

2011年1月31日 (月)

美女と竹林 (森見登美彦)

                                                 
                                            

                    「美女と竹林」 ハードカバー版の帯には次のようにあります。                

               

                    「美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事にする男だと。妄想と執筆に明け暮れた、多忙にして過酷な日々。森見登美彦氏を支えたのは、竹林であった。美女ではないのが、どうにも遺憾である。」                

               

                    宣伝文句に惑わされてはいけません。15ページくらいまで読んだところで「あと260ページもこの調子が続くのか…すごく嫌な予感がする。オチがなかったら許さんぞ!」。軽妙かつ惚けた語り口はなにかを思い出す。そう、星新一のショートショートだ。しかし、そこに込められているのはブラックユーモアではなく、ほとんどが苦しい言い訳だけど。                

               

                    森見登美彦の小説は「太陽の塔」「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「きつねのはなし」「【新釈】走れメロス 他四篇」「有頂天家族」と読ませてもらってきたけれど、一体この本は何? どうやら2007年から2008年にかけて「小説宝石」に17回連載された「妄想エッセイ」集らしい。いや、妄想というより孟宗(竹)か。「美女と竹林」とあるけれど、正確には「美女か竹林」だ。                

               

                    わたしにとって「森見登美彦=京都大学+四畳半+黒髪の乙女もしくは狸」という図式が成り立っていて、好きな作家のひとりに数えてもいいと思っています。作家の人となりを知るには「あとがき」が参考になるのだけれど、わたしは森見登美彦のあとがきを読んだことがありません。この本は小説でもエッセイでもありません。月に一度の「あとがき」集です。当然ストーリーなど存在しません。突っ込みどころ満載です。                

               

                    京都の西、桂にある竹林に手を入れて(古い竹を伐って)美しいものにするのが行動目的なのですが、締切に追われて忙しかったり、夏は暑かったり、ひとりでは寂しかったりと全くはかどりません。案の定、最後の最後まで。                

               

                    「かぐや姫、おらんね」
                    「かぐや姫を切ってしまわないように、くれぐれも気をつけろ。血みどろはごめんです」
                    「待て。こんな枯れた竹を刈ってもダメだ。もしかぐや姫が中にいたとしても、竹が枯れるまで居座っていたらバアさんではないか」                

               

                    思わずプッと吹き出すこともあり、なかなか楽しい読み物でした。ただし「森見登美彦は初めて」という方にはお勧めできません。「夜は短し歩けよ乙女」あたりを読んだあとにしたほうがいい。なにせ「あとがき」ですから。                

               

                    お勧め度:★★★★★                

            

余談ですが、十三駅と石橋駅の「阪急そば」には学生時代お世話になりました。わたしは「天ぷらうどん」が好物でありました。今では帰省すると石橋駅構内のショップで、宝塚ホテルのハードドーナツを買うことにしています。わたしにとってはドーナツといったらコレです。

« 誰か (宮部みゆき) | トップページ | 落日燃ゆ (城山三郎) »

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰か (宮部みゆき) | トップページ | 落日燃ゆ (城山三郎) »