« 涼宮ハルヒ大研究 (ハルヒ研究会) | トップページ | 詩人たちの旅~デイルマーク王国史1 (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ) »

2010年12月 3日 (金)

胸の振子~妻は、くノ一 8 (風野 真知雄)

「妻は、くノ一」シリーズ第8弾。抜け忍である織江は彦馬のそばにいながら会うことができません。今回も織江が幼い頃世話になったことのあるくノ一が、神田明神近くの裏通りに「浜路」という小料理屋を出して網を張ってきます。鳥居耀蔵や同心の原田とともに彦馬もその網にかかってしまうのでした。

忍者同士のうらみや死闘など暗くなりがちなストーリーを茶化してくれるのが中奥勤めの鳥居耀蔵や彦馬の跡継ぎである雙星雁二郎ら、とぼけた人物。まるで時代小説の名を借りた松竹新喜劇を観ているよう。彦馬と織江が夫婦としていっしょに暮らせるようになるとこの物語も終わってしまうでしょうから、このじれったい状態のまま、いろんな騒動が起きるのを見守るしかないのでしょうね。それはそれで面白そうです。

« 涼宮ハルヒ大研究 (ハルヒ研究会) | トップページ | 詩人たちの旅~デイルマーク王国史1 (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 涼宮ハルヒ大研究 (ハルヒ研究会) | トップページ | 詩人たちの旅~デイルマーク王国史1 (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ) »