« 西の善き魔女 V ~ 銀の鳥 プラチナの鳥 (荻原 規子) | トップページ | 華胥の幽夢 ~ 十二国記 (小野 不由美) »

2010年9月20日 (月)

西の善き魔女 VI ~ 闇の左手 (荻原 規子)

「世界の果ての壁」の謎を追うルーンとフィリエル、ユニコーンを駆り竜退治に赴くユーシス。彼らが辿り着いた南の地には、東の帝国の侵略軍が―グラールの危機に、フィリエルは女王と対峙するため聖神殿へ乗り込む。賢者とは?吟遊詩人とは?わらべ歌や童話に隠された「世界」の秘密がついに明かされる。

南方でルーンと出会ったフィリエルは共に、異端の研究組織ヘルメス党に身を寄せる。一方、南を回り込んで侵攻してきたブリギオン軍。そのことを女王陛下の吟遊詩人が知っていたからには女王もご存知のはず。それなのに有効な手を打たないというのは何事かと、フィリエルは女王陛下に直訴することを決意します。直情型のフィリエルです。(笑)

そうしてアデイル、レアンドラ、フィリエルが女王から呼び出され、世界創生の秘密が明かされます。彼女たちが選んだ道は?

« 西の善き魔女 V ~ 銀の鳥 プラチナの鳥 (荻原 規子) | トップページ | 華胥の幽夢 ~ 十二国記 (小野 不由美) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西の善き魔女 V ~ 銀の鳥 プラチナの鳥 (荻原 規子) | トップページ | 華胥の幽夢 ~ 十二国記 (小野 不由美) »