« サイコロジカル (下) (西尾維新) | トップページ | ミッシング・マインド 時空の扉 ~ マインド・スパイラル 2 (キャロル・マタス&ペリー・ノーデルマン) »

2010年8月18日 (水)

スクランブル・マインド 時空の扉 ~ マインド・スパイラル 1 (キャロル・マタス&ペリー・ノーデルマン)

想像したことを現実にできる力を持つ、気が強い王女レノーラ。人の心を読むことができる力を持つ、気の弱い王子コリン。このふたりが飛びこんだ世界には、思いもよらない冒険が待っていた。エキサイティングなファンタジーアドベンチャー。

ジャジャ馬王女レノーラは、突然結婚相手を連れてきた父王に大反発。脱走を試みるも失敗し、明日結婚式を行うと申し渡されます。言われるがままに結婚するのは我慢ならないレノーラは、結婚式で清めの水盤に惹かれるまま別世界に飛び込んでしまいます。そこにコリン王子もついてきてしまい、ドタバタ・アドベンチャーが始まります。

想像したことが現実になったり、他人の心を読めるというのはすごい力です。誰でも一度はそんなことができたら、と憧れたことがあるのではないでしょうか。しかし、コリンが力を使わないようにしているように、よく考えたら、それは不幸を招くかもしれない、恐ろしい力です。一方のレノーラは幼い頃からその力で悪戯三昧だったようで、ふたりの性格は対照的。やんちゃなお姫様も嫌いではありませんが「あなたなんか湖の底に堕ちればいいのよ」と言われて、死にそうな目に遭うのはご遠慮したい。(苦笑)

ふたりが飛び込んだ先はグレイグ国。なにやら異様にすっきり、整然とした国。しかし、ふたりは力を失ってしまいます。ヘヴァーク総督は「力をあわせ、完璧な世界をつくり上げよう」とレノーラを魅了しますが、コリンだけは「あいつは信用できない」。そう、ヘヴァークはとんでもない奴だったのです…。

レノーラとコリンが知らないうちに互いに惹かれながら窮地を切り抜けていく冒険譚「マインド・スパイラル」シリーズ第1弾。

« サイコロジカル (下) (西尾維新) | トップページ | ミッシング・マインド 時空の扉 ~ マインド・スパイラル 2 (キャロル・マタス&ペリー・ノーデルマン) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226794

この記事へのトラックバック一覧です: スクランブル・マインド 時空の扉 ~ マインド・スパイラル 1 (キャロル・マタス&ペリー・ノーデルマン):

« サイコロジカル (下) (西尾維新) | トップページ | ミッシング・マインド 時空の扉 ~ マインド・スパイラル 2 (キャロル・マタス&ペリー・ノーデルマン) »