« 太陽の塔 (森見登美彦) | トップページ | 四畳半神話大系 (森見 登美彦) »

2010年7月 8日 (木)

夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦)

                                                 
                                            

                    クラブの後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる「私」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に「ナカメ作戦」を繰り広げた。それは「なるべく彼女の目にとまる作戦」を省略したものである。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。                

               

                    「太陽の塔」に続いて、この「夜は短し歩けよ乙女」を読みました。舞台は同じ京都、京大周辺。クラブのOBの結婚祝いのため、木屋町の西洋料理店を訪れた主人公は、ひと目惚れした後輩の彼女と同席していたものの、声をかけられずにいました。お祝いがお開きになり「和気藹々と二次会へ流れ去ろうとする人々の中にあって、私は彼女と私を結ぶ赤い糸が路上に落ちていないかどうか、鵜の目鷹の目で探していた」。(笑)                

               

                    彼女は「もっとお酒が飲みたい」と、ひとりで歩いていってしまいます。その先で「個性溢れる曲者たち」と出会うことになるのです。主人公自身も「曲者」にちがいありませんが、彼女は折に触れて出会う先輩のことが気になって、どきどき思い出します。彼女は悪意や害意はなく、無邪気で素直な子です。しかしながら、だからといって罪がないわけではありません。乙女心が一体どっち向いて転がっていくのかをお楽しみください。                

               

                    とっても怪しいキャラが登場しますが、主人公も含め、なぜか憎めない。演劇を見るような恋愛小説です。                

            

« 太陽の塔 (森見登美彦) | トップページ | 四畳半神話大系 (森見 登美彦) »

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226844

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦):

« 太陽の塔 (森見登美彦) | トップページ | 四畳半神話大系 (森見 登美彦) »