« はやぶさ新八御用旅 ~ 中仙道六十九次 (平岩 弓枝) | トップページ | ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) »

2010年7月 3日 (土)

疾風ガール (誉田 哲也)

ロックバンド「ペルソナ・パラノイア」のギタリスト柏木夏美は魅力的なルックスと天才的なギターの腕前の持ち主。そのライブを見たフェイス・プロモーションの宮原祐二は夏美にひと目惚れ。自分の手で売り出したいと交渉するが彼女には軽くいなされる始末。それでもあきらめずに通ううち、ペルソナのボーカル城戸薫が自殺してしまう。警察は自殺に間違いないというが、右手には不審な切り傷があり、しかも、彼の名前は偽名だった。夏美は、強引に祐二を巻き込み、薫の過去を調べるため新潟へと向かった。

夏美のギターは、ギブソン・レスポール・ジュニア、Wカッタウェイモデル、チェリーレッド。エフェクターの切替など、ペルソナのライブの様子はなかなかリアル。音楽小説を期待していたんだけど、全体の3分の1ほどのところで城戸薫が自殺。一時はふさぎ込んだ夏美が突然走り出したのです。実家の連絡先はもちろん、本名もわからないところからひとつずつ手がかりを辿っていく夏美と祐二。途中、薫と同棲していた塔子と出会い、薫の父親と会って、薫のつらい過去が明らかに…。

結局、薫が自殺した本当の理由は(遺書がないので)わからず仕舞いですが、夏美は薫を知ることができて納得。このあたりがミステリーではなく、青春小説といわれる所以でしょう。「天辺」を目指す夏美を応援してます!

« はやぶさ新八御用旅 ~ 中仙道六十九次 (平岩 弓枝) | トップページ | ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226854

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風ガール (誉田 哲也):

« はやぶさ新八御用旅 ~ 中仙道六十九次 (平岩 弓枝) | トップページ | ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) »