« ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) | トップページ | ノーチラス号の冒険 5 ~ 海の火 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

2010年7月 5日 (月)

はやぶさ新八御用帳 ~ 大奥の恋人 (平岩 弓枝)

南町奉行根岸肥前守の懐刀「隼 新八郎」は頭脳明晰にて心やさしい好青年。おおやけにできない犯罪を密かに探る内与力の役についている。折しも淀橋と成子坂で2件の殺しが発生し、さらに雑司ヶ谷の鬼子母神に参内した大奥の女中に悲劇が…。斬新な江戸ミステリー第1弾。

同じ奉行所でも同心ではなく「内与力」という立場上、難解な事件を扱うことが多いようで、今回も大奥が絡む事件と睨んだ新八郎。しかし、大奥は明らかに管轄外。手がかりを得るには女子を送り込むしかありません。そこで、以前まで新八郎の家に奉公していた「お鯉」が密かに大奥に上がったのです。

  1. 大奥の恋人
  2. 江戸の海賊
  3. 又右衛門の女房
  4. 鬼勘の娘
  5. 御守殿おたき
  6. 春月の雛
  7. 寒椿の寺
  8. 春怨根津権現
  9. 王子稲荷の女
  10. 幽霊屋敷の女

今回の「大奥の恋人」で明かされた真実はちょっと後味が悪かった。2巻以後に期待したいと思います。

« ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) | トップページ | ノーチラス号の冒険 5 ~ 海の火 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226849

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ新八御用帳 ~ 大奥の恋人 (平岩 弓枝):

« ガール・ミーツ・ガール (誉田 哲也) | トップページ | ノーチラス号の冒険 5 ~ 海の火 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »