« 夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦) | トップページ | ノーチラス号の冒険 6 ~ 黒い同胞団 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

2010年7月 9日 (金)

四畳半神話大系 (森見 登美彦)

大学ではバラ色のキャンパスライフを想像していたのに現実はほど遠い。悪魔の如き悪友の小津には振り回され、謎の自由人 樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女 明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと2年前の1回生に戻って大学生活をやり直したい。4つのパラレルワールドで繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴり切ない青春ストーリー。

第一話 四畳半恋ノ邪魔者
第二話 四畳半自虐的代理代理戦争
第三話 四畳半の甘い生活
第四話 八十日間四畳半一周

第一話は映画サークル「みそぎ」、第二話が樋口師匠の弟子、第三話がソフトボールサークル「ほんわか」、第四話が秘密組織「福猫飯店」。この物語はフィクションですが、舞台は京都大学のようです。噂によると名称と実態が異なっている怪しげなサークルも多いと聞きます。我が家の長男も入学時「○○サークルは気をつけろ。実際は宗教団体だ」と先輩から注意されたとか。京都大学は「自由な学風」を標榜しているので「君子危うきに近寄らず」と、怪しげなサークルを徹底的に避けるもよし、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と、あえて奈落に陥って後悔するのも、結果としてなにかしら「学ぶ」ことができればよいのでしょう、たぶん。老婆心ながら、この主人公の後悔の念を鑑みて、各自4年間(あるいは6年間)を悔いのないように過ごしていただきたいと思います。

「四畳半神話大系」はアニメにもなっています。より多くのパラレルワールドが紹介されています。全11話。

  1. テニスサークル「キューピット」
  2. 映画サークル「みそぎ」
  3. サイクリング同好会「ソレイユ」
  4. 弟子求ム
  5. ソフトボールサークル「ほんわか」
  6. 英会話サークル「ジョイングリッシュ」
  7. サークル「ヒーローショー同好会」
  8. 読書サークル「SEA」
  9. 秘密機関「福猫飯店」
  10. 四畳半主義者
  11. 四畳半紀の終わり

 

« 夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦) | トップページ | ノーチラス号の冒険 6 ~ 黒い同胞団 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226843

この記事へのトラックバック一覧です: 四畳半神話大系 (森見 登美彦):

« 夜は短し歩けよ乙女 (森見登美彦) | トップページ | ノーチラス号の冒険 6 ~ 黒い同胞団 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »