« はやぶさ新八御用旅 ~ 東海道五十三次 (平岩 弓枝) | トップページ | ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

2010年6月26日 (土)

武士道シックスティーン (誉田 哲也)

宮本武蔵を尊敬する剣道ひと筋の香織は、中学最後の横浜市民大会で、無名選手の早苗に負けてしまう。敗北の悔しさを忘れられない香織と、勝ち負けにこだわらず「お気楽不動心」の早苗。二人は同じ高校に進学して剣道部で再会を果たす。

鹿男あをによし」 (万城目 学)で女子高校の剣道の烈しい試合を見て面白かったので、今回まるごと剣道の小説を手に取ってみました。好対照のふたりの物語であることは目次を見ただけでわかります。

  1. 気剣体
  2. 長く構えましょう
  3. 兄の仇
  4. それは般若ですか
  5. 兵法者
  6. いい感じです
  7. 敵の正体
  8. 真面目にやってます
  9. 下克上
  10. 呼び捨ては苦手かも
    (以下、略)

こういう洒落っ気は好きです。奇数章の勇ましいタイトルが香織目線、偶数章のおっとりしたタイトルが早苗目線で語られます。とにかく香織は「勝つか負けるか」「斬るか斬られるか」ということにしか眼中にありません。しかし「自分は世界最強の女剣士を目指すのか」と悩むことになって…。

続刊「武士道セブンティーン」「武士道エイティーン」と続きます。(もちろん続けて読んでみるつもりです)

★ 「武士道シックスティーン」は成海璃子、北乃きい主演で、今春、映画化されました。

« はやぶさ新八御用旅 ~ 東海道五十三次 (平岩 弓枝) | トップページ | ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51227098

この記事へのトラックバック一覧です: 武士道シックスティーン (誉田 哲也):

« はやぶさ新八御用旅 ~ 東海道五十三次 (平岩 弓枝) | トップページ | ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) »