« 化物語 (西尾維新) | トップページ | 3001年 終局への旅 (アーサー・C・クラーク) »

2010年6月 3日 (木)

陽気なギャングが地球を回す (伊坂幸太郎)

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この4人の銀行強盗が「売上」を別の現金輸送車襲撃犯に奪われてしまった。取り戻すべく動き出すと死体は出てくるわ、仲間の息子が何者かに狙われるわ...。映画化もされた話題作。

伊坂幸太郎は初めて読みましたが、テンポがいいのと、個性的で「陽気なギャング」たちは愉快でした。拳銃は持っているけれど、あくまで威嚇用。といいつつ、スイッチが入ると躊躇なく引き金を引きそうなところが怖い連中です。(笑)

« 化物語 (西尾維新) | トップページ | 3001年 終局への旅 (アーサー・C・クラーク) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51227362

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気なギャングが地球を回す (伊坂幸太郎):

« 化物語 (西尾維新) | トップページ | 3001年 終局への旅 (アーサー・C・クラーク) »