« ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) | トップページ | ノーチラス号の冒険 4 ~ 恐竜の谷 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

2010年6月29日 (火)

妻は、くノ一 (風野 真知雄)

平戸藩の御船手方書物天文係の雙星彦馬は夜空の星が好きだという変わり者。そんな彦馬のもとに美しい嫁、織江がやってきた。ところが、わずかひと月で織江は失踪してしまう。じつは彼女は平戸藩の密貿易を怪しんだ幕府が送り込んだ「くノ一」だった。そうとは知らず妻を捜しに江戸へ赴く彦馬だった。「妻は、くノ一」シリーズ第1弾!

現在までに刊行されているのは次のとおりです。

  1. 妻は、くノ一
  2. 星影の女 妻は、くノ一 2
  3. 身も心も 妻は、くノ一 3
  4. 風の囁き 妻は、くノ一 4
  5. 月光値千両 妻は、くノ一 5
  6. 宵闇迫れば 妻は、くノ一 6
  7. 美姫の夢 妻は、くノ一 7

おっとりした雙星彦馬の性格が面白いのと、奉行所の同心から探索の手伝いを頼まれたりと、捕り物の醍醐味もあります。彦馬は織江を見つけ出すことはできるのか。ひと味ちがった時代小説です。

« ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) | トップページ | ノーチラス号の冒険 4 ~ 恐竜の谷 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51226925

この記事へのトラックバック一覧です: 妻は、くノ一 (風野 真知雄):

« ノーチラス号の冒険 3 ~ 深海の人びと (ヴォルフガンク・ホールバイン) | トップページ | ノーチラス号の冒険 4 ~ 恐竜の谷 (ヴォルフガンク・ホールバイン) »