« 食堂かたつむり (小川 糸) | トップページ | オオカミ族の少年 ~ クロニクル千古の闇 (ミシェル・ペイヴァー) »

2010年5月12日 (水)

タラ・ダンカン (ソフィー・オドゥワン・マミコニアン)

タゴン村で祖母と暮らす12歳の少女タラには魔法の力があることがわかり、闇の一族サングラーブに付け狙われる。タラを救うために現われた魔術師は彼女を別世界(オートルモンド)に飛ばしてしまう。フランスで人気のファンタジーシリーズ第1弾。

元気で勝気なタラが仲間たちと引き起こす騒動が愉快。そこにタラ自身が知らされていなかった事実がすこしずつ明らかになっていく謎解きのような面白さ。ラブラドール犬に変身してしまい元に戻れなくなったおじいちゃんだとか、学校の先生がヴァンパイアだったり、ドラゴンだったり、ユニークな登場人物たちもおおきな魅力です。

小学生高学年以上にお勧め。女の子に人気があるようです。「ハリー・ポッター」よりも明るく、大人が読んでも楽しめます。各巻、上下に分かれていて、現在までに6巻まで刊行されています。 シリーズのタイトルについては「KuRoKaWa's REVIEW ストア」をごらんください。 

« 食堂かたつむり (小川 糸) | トップページ | オオカミ族の少年 ~ クロニクル千古の闇 (ミシェル・ペイヴァー) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51227390

この記事へのトラックバック一覧です: タラ・ダンカン (ソフィー・オドゥワン・マミコニアン):

« 食堂かたつむり (小川 糸) | トップページ | オオカミ族の少年 ~ クロニクル千古の闇 (ミシェル・ペイヴァー) »