« 龍のすむ家 (クリス・ダレーシー) | トップページ | ホルモー六景 (万城目 学) »

2010年5月21日 (金)

魔法の国ザンス (ピアズ・アンソニイ)

フロリダ半島には魔法のベールに包まれた「ザンス」が存在し、そこでは25歳までに魔法の力が顕現しなければ魔法の存在しない国「マンダニア」に追放される掟があった。あと1ヶ月で25歳になる主人公ビンクは魔法を使えず、追放の危機を迎えていた。自分の魔法の力を知るため良き魔法使いハンフリーの元へと旅立つ彼を待ち受ける運命とは?

これも付き合いの長いファンタジー小説です。現在日本では20巻まで出ていますが、本編は30巻を越えたとか。駄洒落や語呂合わせ満載で、翻訳には苦労されることと思いますが、続巻も期待しています。

物語の多くは、悩みを抱えた主人公(魔法の生き物たち)が、答えを求めて良き魔法使いハンフリーに会いに行き、代償として1年間の奉仕を行う中で答えの真の意味を見出していくという筋書きになっています。巻が進むにつれて登場人物たちも成長し、世代交代していきます。

洒落がきついものの、ストーリーもしっかりしており、キャラクターも魅力的。大好きなファンタジーです。機会があれば是非一度手に取ってみてください!

▼ 魔法の国ザンス シリーズ (ハヤカワ文庫)

  1. カメレオンの呪文
  2. 魔王の聖域
  3. ルーグナ城の秘密
  4. 魔法の通廊
  5. 人喰い鬼の探索
  6. 夢馬の使命
  7. 王女とドラゴン
  8. 幽霊の勇士
  9. ゴーレムの挑戦
  10. 悪魔の挑発
  11. 王子と二人の婚約者
  12. マーフィの呪い
  13. セントールの選択
  14. 魔法使いの困惑
  15. ゴブリン娘と魔法の杖
  16. ナーダ王女の憂鬱
  17. 名誉王トレントの決断
  18. ガーゴイルの誓い
  19. 女悪魔の任務 
  20. 魔王とひとしずくの涙

« 龍のすむ家 (クリス・ダレーシー) | トップページ | ホルモー六景 (万城目 学) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51227374

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の国ザンス (ピアズ・アンソニイ):

« 龍のすむ家 (クリス・ダレーシー) | トップページ | ホルモー六景 (万城目 学) »