« 名古屋市図書館 | トップページ | 御宿かわせみ (平岩 弓枝) »

2010年4月26日 (月)

京大芸人 (菅 広文)

                                                 
                                            

                    お笑いコンビ「ロザン」の菅(すが)が高校3年のとき、相方の宇治原(うじはら)に向かって
                   
                    「京大入ってや」
                    「なんで?」
                    「芸人なったとき売りになるやん」
                   
                    菅は大阪府立大、宇治原は京大を目指して受験勉強を始めた。京大合格までの過程と、その後吉本のオーディションに通い続けた様子を描いた自伝的小説。                

               

                    じつはこの本に興味を持ったのは、我が家の長男がこの春、京大(経済学部)に入学したことがきっかけ。彼の受験勉強中を思い返すと、そういえば一日10時間勉強してるとか、模擬試験の結果もはじめはE判定だったのがC判定になったとか言ってたなぁ、と「京大芸人」に書かれていることがリアルに感じられたのです。この場合「勉強ができる」とは、どうすれば結果を出すことができるかわかっていて、それを着実に実行できる力のことをいうのでしょう。                

               

                    京都大学には今年約3,000人が入学し、そのうち約1,000人が工学部とのこと。合格発表はインターネットの携帯サイトにも受験番号が掲示されました。履修登録はインターネットから行い、入学時には京大生協もあれこれ相談に乗ってくれます。入学時に長男に買ってやったのは携帯電話とノートパソコン(SONY VAIO VPCS119FJ/B)。わたしも入学手続に同行して生まれて初めて京大キャンパスに入りましたが「さむらい」はいませんでした。(笑)                

               

                    素人が芸人になると決めて味わう驚きや挫折をおもしろおかしく書いてあるのでたいへん読みやすく、中学生、高校生にもお勧め!                

               

                    続編として「京大少年」も発売中。                

            

★長男が京大名物「総長カレー」(レトルトパック)なるものを買ってきてくれました。

総長カレー

京都大学 第24代 尾池総長監修のもと完成した、京大名物の本格派ビーフカレーだとか。京大正門前カフェレストラン「カンフォーラ」でも食べることができるそうです。

ところで、このパッケージの青が「京大芸人」のカバー色と似ているのは偶然でしょうか。

« 名古屋市図書館 | トップページ | 御宿かわせみ (平岩 弓枝) »

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/51227428

この記事へのトラックバック一覧です: 京大芸人 (菅 広文):

« 名古屋市図書館 | トップページ | 御宿かわせみ (平岩 弓枝) »