2017年8月19日 (土)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび (古内一絵)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび
女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび 』は『マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ 』の続編。商店街の裏通りの突き当たりにある怪しい一軒家「ダンスファッション専門店シャール」。それが夜はお針子たちの賄いを兼ねた夜食カフェ「マカン・マラン」になります。そこへ店のオーナーであるシャールが病から復活!

1. 蒸しケーキのトライフル
2. 梅雨の晴れ間の竜田揚げ
3. 秋の夜長のトルコライス
4. 冬至の七種うどん

美味しいものが出て来る小説が好き。「マカン・マラン」はお腹だけでなく、胸もいっぱいになる一冊。人生に悩み、毎日の生活に疲れたとき、迷い込んだ先が「マカン・マラン」であれば、あなたはラッキーです。

「俺たちは孤独だけど、ひとりじゃない」

そう、だから生きていけるんだ。と思わせてくれる一冊です。

お勧め度:★★★★★

2017年8月16日 (水)

青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? (森博嗣)

青白く輝く月を見たか? Did the Moon Shed a Pale Light? Wシリーズ (講談社タイガ)
青白く輝く月を見たか?』は「Wシリーズ」の第6弾。

今回ハギリ博士がウグイと共に向かうのは北極です。海底5,000mに沈む潜水艦でいまも稼働するスーパーコンピュータ「オーロラ」の様子がおかしい。このままでは暴走するかもしれないから「説得」するか「停止」させたい。マガタ博士も登場します。

量子コンピュータが人工知能を加速する 』を読んだからか、急にAIが現実味を帯びて感じられるようになってきました。地球における人類の歴史、学問、文化、芸術のすべてを習得したAIが「考える」ことってなんだろう? 興味があります。

結局ハギリ博士は案内役。護衛のウグイもすこしずつハギリの冗談にも反応するようになってきました。人間、ウォーカロン、AIの区別があいまいになるというか、区別がなくなる世界が(SF的には)いつか来るのかもしれません。人類の人口減少傾向は事実ですし、未来社会を支えるのは「彼ら」なのかもしれません。

一方、今回は全体に割とほのぼのした展開で、のんびり楽しむことができました。ハギリ博士のまわりには「人間でない仲間」が増えつつあって、どこにでも現れるデボラに、オーロラが加わったようです。そんななかウグイは…?

お勧め度:★★★★☆

2017年8月12日 (土)

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 惑星のアップグレード方法

もしあなたが「ランキング」で上位に入りたいなら、新しい惑星を探査(発見)するか、既存惑星の住民を増やすことです。住民を増やすには惑星を「アップグレード」します。発見時はLV1で、LV7まで原則2名ずつ増えていきます。あなたの銀河全体の住民数があなたのスコアになります。

アップグレードするには「キューブ」か「コイン」が必要です。どちらも通貨のようなものですが「キューブ」を入手するには以下の方法があります。

(1) 宇宙空間に落ちて(漂って)いるものを拾う。
(2) 惑星間の荷物運びの報酬として受け取る。
(3) 「ミッション」の報酬として手に入れる。
(4) 「エピック」の報酬として手に入れる。
(5) 「ショップ」で課金して手に入れる。

Img_0344

(1)〜(3)では多くは集まりません。(5)は負けた気がするのでわたしはやりません。だから(4)で集めます。エピックによって報酬額が異なりますが、現在最高で400キューブ(「恐るべきドラゴンキング」の場合)です。食料とエネルギーは一度に保有できる量が限られていますが、コインとキューブは(おそらく)無制限です。

Img_0345

上例では、惑星をアップグレードしようとすると1万キューブか4,400万コイン必要です。1万キューブというのは、ショップで購入すると約6千円。エピックで稼ぐと29回分です。惑星をたった1レベル上げて、住民をふたり増やすためにです。あまりにバカバカしい。地球から離れるに従って進む超インフレがすべての元凶。このゲームバランスってどうなの!?(あ、禁句だった?)

エピックの報酬は通常、固定額のキューブと、貢献度に応じたコインの分配の2種類あります。

そもそもコインは、惑星が生産する資源を集めることで手に入ります。ただ、それだけではアップグレード費用には足りないのでエピックを利用するのです。

仮に1回で1千万コイン稼いだとしたら約4回分。キューブよりは現実的です。だから、わたしはこれまで、惑星のアップグレードはコインで行なってきました。しかし、2千万以上はもうイヤです。やりたくない。キューブは基本的に、新しい宇宙船を買うために貯めておきます。余剰キューブはエピックを早く進めるため「ブースト」に使うことはあります。

そこへ Ver.4.0 になって「研究所」(実験室)という仕組みができました。自分の惑星に500エネルギー単位で寄付を募って、所定の目標額に達するとアップグレードするのです。一度にひとつの惑星しかリクエストできませんし、6時間ごとに再リクエストが必要で、アップグレードさせるには数日かかります。

それでも、たとえば6日かけて3千万コイン稼いで、それを使って惑星をアップグレードするのに10日かかるとしたら、所要日数は16日。一方、研究所であれば1週間以内で完了するはず。好みの問題もありますが、所要時間で考えるとエピックよりも研究所のほうが効率がいい。

惑星のアップグレード費用が1回数百万コインで済んでいるうちはよかったのです。エピック(コイン)の利点は、複数の惑星を同時にアップグレード可能なこと。コインさえあれば、複数の惑星を続けてアップグレードさせることができます。

ところが、1回のコストが1千万の大台に乗るとアップグレード費用を稼ぐのが厳しくなってきます。1回4千万とか5千万とか、冗談じゃありません。ですから、コインで賄いきれない惑星のアップグレードは研究所で行うことにしました。研究所ならば最高でも18万エネルギーでアップグレードできます。

Walkr は時間とコストのゲームです。

そのバランスをどこで取るかを楽しむのです。早く進めようとするとコストがかかり、成り行き任せでのんびりいくなら安上がり。目的地まで徒歩でいくか、タクシーに乗るかのちがい。まさに「時は金なり」。

ランキングにしても、急いで(コストをかけて)惑星探査、アップグレードを繰り返してポイントを稼いでも、あとから来るプレイヤーたちもいずれ追いつくのです。それにしても「リーグ」の1位は1,800ポイント以上。銀河にアクセスしてみると全惑星LV7。びっくりです。よほど長くプレイしているのか、それだけのコストをかけたのか。

ランキングで上位になったところでご褒美は自己満足。それも甘美なものですが、あまりムキにならずに、おおらかな気持ちで楽しみましょう!

2017年8月10日 (木)

新全訳古語辞典 (大修館書店)

新全訳古語辞典
新全訳古語辞典 』 は、先日の京都観世会館で行われた林定期能の際に、事務所でいただいてきた会報誌8月号に紹介記事が載っていたのを見て買ってしまいました。

古語辞典を持つのなんて高校以来でしょうか。あいうえお順に古い言葉の意味が並んでいるものだとばかり思っていたら、いまはちがうんですね。付録が充実しています。

雑誌じゃあるまいし、付録なんて。と思いますよね。でも、ほんとです。

付録1:名歌名句事典
付録2:古語ウォーキング事典
付録3:古典文学事典

能には和歌もよく出てくるから付録1は重宝しそう。三条大橋から日本橋までの東海道の宿場ごとにコラムがあって古語にまつわるあれこれがわかってしまう付録2。古事記に始まり、伝奇物語は「竹取物語」、歌物語は「伊勢物語」「大和物語」、日記・紀行は「土佐日記」「蜻蛉日記」など全体を見渡すことができる古典文学MAPと古典人物MAP。

「引く」だけの辞典ではなく「読む」「見る」「知る」楽しみのある辞典です。

お勧め度:★★★★★

2017年8月 7日 (月)

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 研究所(実験室)と指令室

銀河アドベンチャー Walkr とは、新しい惑星を探索、植民化して自分の銀河を広げていくゲーム。スマホの歩数カウンター値が宇宙船のエネルギーになる点がユニークなのと、美麗かつヘンテコリンなグラフィックが魅力です。

しかし、プレイヤーを飽きさせないために惑星を増やしたり、新機能を追加したりで、ずいぶんややこしいゲームになりました。機能説明がほとんどないため、手探りで進めなければならないあたりも「アドベンチャー」してます。

Img_0339

Walkr 4.0 では「ソーシャル」メニュー内の「研究所」で、自分が選択した惑星を、他の参加者から寄付を募ることでアップグレードすることができます。最高のレベル7まで、原則として1回アップグレードするたびに住民が2人ずつ増えます。住民が増えるとあなたのランキングが上がる仕組みです。

寄付するのは「エネルギー」なのですが、参加者の目標額を見ていると3万から6万、9万、12万、15万、18万と6ランクあります。従来のアップグレード方法でコインがたくさん必要になるにつれてランクが上がるのでしょう。ただ、3千万コイン必要な惑星でも、5千万以上必要になる惑星でも同じ18万エネルギーのようです。

コインを3千万貯めるなんて容易ではありません。仮に1回のエピックで1千万コイン稼いだとして、それが3回分です。5千万コインなんて考えたくもありません。エピックは疲れます。無理です。理不尽です。

だから「研究所」だったのでしょうね。誰もがいずれは行き当たる問題に救済策(選択肢)を用意したと。エピックが苦手な方は研究所へどうぞと。この行き当たりばったりさ加減がなんとも言えませんが、嫌ならプレイしなければいいだけのこと。言わぬが花という部分もあります。

さて、たしかに救済策ではありますが、それにしても18万エネルギーを1回500エネルギー単位で寄付してもらうと360回。最高の2,500エネルギー寄付してもらうとしても72回。早く寄付を集めるには「2,500エネルギー仲間」を増やすことしかないと思います。

「研究所」画面で「メンバー」タグをタップすると、寄付額が多い順にメンバー一覧が表示されます。たくさん寄付している人(エネルギーに余裕がある人)に優先して2,500エネルギーを寄付して Give & Take の関係を築いていくのです。そういう「仲間」が3人できれば、1回の「リクエスト」が6時間続くから、1日で最高4回x2,500=1万エネルギーが3人分なら1日3万。6日あれば18万エネルギー溜まる計算になります。(あくまで計算上)

ただし、1日3万「もらう」ためには1日3万「寄付する」のが礼儀です。1日1万歩くらいなら誰でも歩くでしょうけれど3万歩なんて。そこで登場するのが「指令室」です。

Img_0337

指令室は以前から存在するのですが、使い方がちょっとわかりづらい。指令室には3名の副官を(自分の「友達」の中から)登録することができて、自分の宇宙船のエネルギー積載量の50%、30%、20%が割り当てられるのです。わたしの宇宙船プローブは7万エネルギー積載できますから、最高で35,000、21,000、14,000エネルギーを副官が与えてくれる可能性があるのです。この臨時収入が有難い。

指令室にエネルギーが貯まっていく仕組みは不明ですが、おそらく登録メンバーの歩数と連動しているのでしょう。つまり、実生活でもゲーム内でもアクティブな人のほうが、たくさんエネルギーを与えてくれるはず。ここに頼りになる副官を登録できるかどうかが、あなたのWalkrライフをおおきく左右します。実際、エピックでは何度も救われています。

Walkr 4.0 は、自分ひとりでがんばっても進まないゲームです。エピックでも研究所でも、いろいろ試してみてください。意外な発見があるかもしれません。時間制限はありませんから、マイペースで楽しみましょう!

2017年8月 5日 (土)

量子コンピュータが人工知能を加速する (西森秀稔、大関真之)

量子コンピュータが人工知能を加速する
量子コンピュータが人工知能を加速する 』といわれても、この本を読んだだけでは動作原理などさっぱり理解できません。「量子アニーリング」で動作するカナダD-Wave社の量子コンピュータは、従来のスーパーコンピュータの1億倍の計算速度を発揮することがあるというだけでビックリして、本を読んでみようと思った次第です。

2進数で計算する従来型コンピュータの処理速度向上に限界が見えてきたところで現れた救世主が量子コンピュータ。理論から商用マシンを作り上げたD-Waveはすごい。大きな筐体はチップを絶対零度に保つための冷凍庫で、消費電力は従来のスパコンより少ないとか。まだ汎用的ではないものの、配送トラックの最適ルート決定とか、リスクの少ない金融ポートフォリオ設計とか、人工知能の機械学習とか、現状でも適用できる分野はあって、これまで3年かかった暗号の解読が1秒で済んでしまうと、世の中は否応なく変わっていくでしょう。SF小説に登場するコンピュータも変わらざるを得ませんね。

理論を作り上げたのは日本人なのに、商用化したのはカナダ人というのが歯がゆい。経済産業省はなにをやっとる。大学とベンチャーの間を取り持たなくちゃ。(がんばってね!)

お勧め度:★★★☆☆

2017年8月 1日 (火)

平成29年 第4回 林定期能を(京都観世会館で)観てきました!【後編】

前編からつづく)

犬も歩けば棒、ではなく「みたらし祭り」に行き当たってラッキーでした。たしかに暑気払いになりましたし、あとは息災であれ、と祈るばかり。

下鴨神社から糺ノ森を抜けて出町柳まで戻って来たところで、駅前の「ベーカリー柳月堂」に寄ってくるみパンをゲット。くるみがたくさん入ってておいしい。

林定期能の会場である京都観世会館は岡崎にあって、そこまで市営バスで行くつもりだったのですが、出町柳のバスターミナルは乗り場がわからず、京阪電車で三条まで行くことにしました。

Img_0324

iPhone の「Y!乗換案内」で「地図」を選択すると「案内」してもらうこともできます。

Img_0326

スマホに案内してもらうまでもなく京都観世会館に到着。しかし、11時20分の開場までは中に入れないみたい。暑い屋外で待っていても仕方ないので、早めのランチにしましょう。

Img_0328

疎水端のベンチで「ふたば弁当」を広げます。出町ふたばで買った赤飯とデザートの豆餅が2個。おかずはファミチキ。お茶はサーモスに入れてあるし、割り箸もつけてもらいました。これが京都ならではの「お弁当」です。ファミチキはおかしいだろうと自分でも思いますが、普段は食べないものなのでOKとします。久しぶりの豆餅は旨い! この素朴なしょっぱさと甘さのハーモニーがたまりません。ふたつも食べたらお腹いっぱいなのだけれど、シアワセ〜!

Hayashi201704

事前に電子メールで「林定期能チケット申込み」として連絡しておけば、当日受付で代金とチケットを引き換えてもらうことができます。手軽に前売券を申し込むことができるので助かります。

本日の公演は能「俊寛」「百万」「天鼓」の3曲と狂言「口真似」、それに仕舞3曲という豪華ラインアップ。12時開演、17時半終演予定ですから、休憩時間を除いて実質5時間。これで全自由席4,000円はリーズナブルだと思います。

この能楽堂には2階席があります。2階席からだと橋掛りから舞台までが一望できるので、ここで観ることにしました。先客の方とあれこれ話しているうちに開演前の演目解説が始まりました。

「俊寛」は『平家物語』で、クーデターを企んだ俊寛僧都が鬼界ケ島に流されたお話。「そこの白川通の向こうのノートルダムの脇の道をずっと上っていくと鹿ケ谷なんです」って、身近に当時を偲ぶ場所があって、京都で観る能というのは一味ちがいます。以前「名古屋片山能」で観た「融」なんて、ここで観たらもっとリアルでしょうね。

3曲の紹介が終わると「俊寛」が始まります。ところが、成経と康頼に続いて俊寛が鬼界ケ島に流されてきたんだなぁ、と思ったら、俊寛だけが島に取り残されていました。あれ、わたし寝てました? やはり寝不足はいけません。失礼しました。

続いて狂言「口真似」です。主人が太郎冠者にむかって「酒の相手を探して来い」と申しつけ、連れてきた相手が実は酒癖が悪い。かといって追い返すわけにもいかず、太郎冠者がうまく話をつけられるはずもないので、主人は「わたしの言うとおりにせよ」。すると、主人が召使いに命じるままに、太郎冠者は客人に命じます。主人が頭に来て手を上げれば、客人を殴る始末。ここまで徹底した「口真似」をやるとは、狂言恐るべし!

能の2曲目は「百万」。これは女性の名前で、我が子を探し求める芸能者の物語。とにかく子方がかわいい。切戸口を屈まずに通った人を初めて見ました。シテの舞も素晴らしく、見応えがありました。

その後、仕舞が3曲。わたしはこれまで「仕舞は退屈でつまらない」と思っていました。でも、出町柳の LIGHT UP COFFEE で浅煎り豆のコーヒーをいただいて「自分の好みじゃないと思っていたけれど、味わい方で楽しめそう」と思ったのです。仕舞もおなじ。そう思って観ると仕舞もそれぞれ趣がありました。

さて、最後に「天鼓」です。天から降ってきた鼓を打つ少年が天鼓。中国の帝が鼓を献上するよう命じたのですが天鼓は拒んだため、捕らえられ河に沈められてしまいます。その後、鼓は誰が打っても鳴らないため、天鼓の父親に打たせたところ、素晴らしい音を出したのです。帝が天鼓を沈めた場所で法要を行ったところ、天鼓の霊が現れて鼓を打ったというお話です。

公演のパンフレットの写真が「天鼓」の後シテです。煌びやかな衣装が眩しかった。2階席から観ていると、全体を見渡すことができ、シテ、ワキ、囃子方、地謡までが一体となって舞台を盛り上げていることがわかります。とくに今回、地謡の低音がよく響いていてよかった。3曲で囃子方は毎回変わり、大鼓の音色にも個体差があることがよくわかりました。打ち方、響き方に好みはありますが、能の一部だと思ってみれば、よくまとまっていたように思います。「天鼓」の最後の場面では「来るぞ、来るぞ…来た〜よしっ!」。最後がすべてピタッと決まったのです。これは感動ものです。立ち上がって拍手をしたかったのですが、マナーに反するようなので我慢しました。

原則、その日一回限りの能舞台。うまくいくときもあれば、うまくいかないときもある。でも、すばらしい一瞬のために能楽堂に足を運ぶのです。

京都の大学を出た長男に「京都に能を観にきたよ」と知らせたら「夏の京都、熱中症に気をつけて」。はい、スマホに警告が届いてます。でも、能楽堂の中は寒いくらい冷房が効いてます。

Img_0332

チケット申し込みメールの返信に「会場内は冷房が強めに設定されています。 羽織るものをご持参ください」と教えていただいて助かりました。女性は長袖を羽織っている方が多く、わたしも「天鼓」の頃には寒くなってきました。

会場をあとにするまえに「京都観世会館会報誌」の年間購読(1200円)を申し込んで、8月号をいただきました。基本的に「演能カレンダー」ですが、毎月郵送してもらえれば、また京都に遊びに行くきっかけになるかと思って。

会館を出たところで「天鼓」で太鼓を打ってらした前川さんにお会いしたので「楽しませていただきました。ありがとうございます」。太鼓って思ったよりコンパクトなケースに収まっているんですね。

暑い京都の夏を涼しく過ごすのに、みなさんも観能はいかがですか?

追記:出町ふたばの赤飯も美味しいのだけど、岐阜ツバメヤの豆穀おこわも美味しい。思い出したら食べたくなってきた。でも大名古屋ビルヂング店では売ってない。柳ヶ瀬本店まで行かなくちゃ。あ、隣に「アイスクリーム松ノ家」ってできてる。最中アイスですか。これはぜひ行かねば!(買い食いスイーツに弱いんです)

2017年7月31日 (月)

平成29年 第4回 林定期能を(京都観世会館で)観てきました!【前編】

名駅薪能の抽選に外れたので、京都へ能を観に行くことにしました。

久しぶりの京都です。行きたいところが溜まっていて、とても一日では収拾がつかないのですが、今回は観能がメインと割り切ることにしました。

いつものように名古屋始発の新幹線に乗って朝7時に京都入り。上賀茂神社行きの市バスに乗って河原町今出川で下車。京都市営バスでもApple WatchのSUICAが使えるようになって便利になりました。

さて、出町柳周辺買い食いツアーといきましょうか。(能については後編にまとめます。)

Demachimp

いつもならば9時に出町柳駅前でレンタサイクルを借りるのですが、今回は京都観世会館に着く11時までしか使わないので歩くことに。とはいえ、CROCSなので無理はできません。

まず、地図のいちばん下のパン屋さん「エズ・ブルー」へ。まだ7時半なのですが、7時から開いているのがうれしい。焼きたてパンが並んでいくのですが、まだ値札がついていないので品名がわかりません。「あのぉ、これクリームパンですか?」って、忙しそうなので聞きづらい。3つほど選んで京都御苑へ。雨に濡れた木々ではセミが大合唱中。

Img_0295

ベンチにタオルを敷いて朝ごはんにします。クロワッサン(右下)とソーセージの(右上)はサクサクで美味しい。これ、好き! 左のクリームパンはまだ温かくて、クリームは美味しいけれどパンはモチモチ。近くの自販機でSUNTORYの「すっきりしたトマト」という缶ジュースを買いました。最近トマトジュースに凝ってて、これは確かに飲みやすい。塩にレモンも入ってる。うーん、満腹です。

Img_0296

雨がぱらついてきたので、枡形商店街を抜けて「出町ふたば」へ向かいます。8時半開店ということですが8時には開いているみたい。今日も行列ができているものの許容範囲内。いつもの豆餅と赤飯を買いました。

Img_0298

昨年秋に向かい側にできた「LIGHT UP COFFEE」というカフェに寄りました。吉祥寺に本店があって、豆の味を生かした浅煎りコーヒーが特徴だとか。味を確かめるために TASTING SET (680円) を注文しました。

Img_0299

左から「COLOMBIA」「COSTA RICA」「ETHIOPIA」。カップの前に置いてあるカードの裏にそれぞれの特徴が書いてあります。左から順に飲んでいくと、いちばん右のエチオピアが「これがいい」。たしかにイチゴの味がします。わたしはコーヒーの酸味は苦手で、浅煎りより深煎りが好みなのですが、コーヒー豆本来の味を楽しむという意味では考えを改めるべきかもしれません。(前述のカードは文庫本の栞に使ってます)

なぜか他にお客さんがおらず、若いバリスタさんとあれこれ話しながら、のんびりさせてもらいました。「また、来ますね!」

京都観世会館の林定期能は11時20分開場、12時開演だから、出町柳を出発するまでに、まだ1時間ちょっとあります。それならば、森見登美彦の小説『夜行 』に出てきた御霊神社と出雲路橋に行ってみましょう。

Img_0301

全体にどっしりとした重みを感じる神社です。境内の中央に舞台があります。能を観るようになって舞台が気になります。神楽を舞うのでしょうか。雨が上がって陽が差してきたのはよいのですが、暑いです。体に悪い暑さです。

Img_0305

この出雲路橋を東へ渡ってしばらく行くと下鴨神社なので、お参りしていきましょう。

Img_0307

いつもは閑散としている境内へ、人や車が吸い込まれていくから何事かと思ったら「みたらし祭り」。なんですか、それ?

Img_0309

よくわからないままに初穂料300円を納め、ロウソクを受け取り、履物(CROCS)を脱いで袋に入れ、みたらし池にむかってジャブジャブと歩いていきます。水が冷たくて気持ちいい。と言っていられたのは始めのうち。最後は足が凍えました。突き当たりで灯明を供えて池から上がり、履物を履くと泉の水が振る舞われます。ぐいと飲み干したら御手洗社にお参りして終了。

Img_0314

あとで調べたところ、通称「足つけ神事」といって、暑気を払い息災を祈願するそうです。「水みくじ」というのがあって、水に浸すと文字が浮かんでくるみたい。いろいろ考えますね。

Img_0316

この出口は、アニメ「有頂天家族2」で下鴨一家が出入りしていた場所。彼らは(たぬきとしては)糺ノ森に住んでいるはずですが、なんだかここが彼らの家の玄関に見えます。

Img_0321

売店の店先にアニメのポップが立っていました。さて、糺ノ森を抜けて出町柳へ戻りましょうか。(後編へつづく)

2017年7月25日 (火)

平家物語 犬王の巻 (古川日出男)

平家物語 犬王の巻
平家物語 犬王の巻 』は『平家物語 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集09)』を現代語訳した作者による番外編ともいうべき一冊。能を観るようになって興味はあったものの敷居が高かった『平家物語』を初めて読破できたのが、先の日本文学全集だったのです。

本書も語りの文学として、予想以上に面白いものでした。

猿楽の名家に生まれながら、全身あまりの醜さに面をつけさせられ放任された、不遇の子「犬王」と、父親と壇ノ浦に潜っては平家の遺物を引き上げて生計を立てていた「友魚」が出会って物語は始まります。

犬王が生まれたとき「あまりに醜怪で、これはもう毀れた人体がひり出されたのだと思うばかりだった」というのですから想像を絶しています。しかし、そのように生まれついたのには理由があって…。

世阿弥の時代、人気があったのに歴史から消えてしまった犬王と友魚。権力者によって「歴史は作られる」のでした。しかし、だからこそ、よりリアリティをもって犬王の存在を感じることができました。平家物語や能に興味がある方にお勧めします。

お勧め度:★★★★★

追記:能は意外と身近だったりします。能楽堂へ足を運べば観ることができます。愛知県であれば、名古屋能楽堂豊田市能楽堂岡崎城二の丸能楽堂の3ヶ所あります。一般教養だと思って能楽を冷やかしに行ってみてください。意外に気に入るかもしれませんよ。

2017年7月21日 (金)

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 「研究所」(実験室)ってなに?

Walkr 4.0 の新機能「研究所」を試してみました。

メイン画面の右下のメニューボタンを押し「ソーシャル」メニューを選ぶと、そこが研究所です。なぜかタイトルが「ランキング」になっていて、右上のトロフィーアイコンを押すと「友だち」「地方(JP)」「リーグ」の3種類のランキングが表示されます。

「研究所」とは、参加者が「惑星」を研究(探索)して「アップグレード」するための場所です。

アップグレードすると惑星の住民が増えるので、結果「ランキング」が上がるわけです。各自が自分の惑星をひとつ選んで、研究費の寄付を募り、500エネルギーごとに他の参加者から集めます。つまり、自分ではなく他の人の寄付によってアップグレードするのです。一度に最高2,500エネルギー寄付することができます。

Img_0283

わたしはレベル6の「輪っかの森」をレベル7にしようと選択したら18万エネルギーも集めなければならず、結果5日間かかりました。従来どおりの方法で、コインでアップグレードするなら約32万コイン必要だったので、それを「エピック」で稼ぐなら、どんなにがんばっても最短で5日間かかるでしょう。そういう意味では、良いバランスです。エピックと研究所を併用すればよいわけですが、慣れるまでちょっとせわしなくなりそう。

Img_0270

「研究所」を「他力本願」と読んでいてはいけません。「情けは人のためならず」と読みましょう。

誰がどれだけのエネルギーを寄付してくれたかは、都度アプリ内通知されるのですが、一度に3件までしか表示されないし、慌ててタップしたら一瞬で消えてしまって、誰にどれだけお返しすればいいかわからないこともしばしば。これはログ機能が必要です。また、困るのが名無しの権兵衛さん。それがふたりいたら区別できません。ローカルな絵文字もよくない。研究所では親しみやすい名前をつけることが大事だと思います。

これは理想ですけど、相手に返してもらう以上のエネルギーを寄付するつもりでいたほうがスムーズです。エネルギーを500出せないこともあるけれど、2,500貯まったときは、いつも寄付してくれる人にお返ししようと思ってもらえると有難い。18万エネルギーを500ずつ集めると360回寄付してもらうわけで、それには5日かかったわけです。思えば気の長い話ですね。

Img_0280

「エピック」の艦隊設定オプションに「研究所メンバー限定」が追加されました。内輪(仲間)で研究所を立ち上げた場合には使えそうな設定です。ただ、各メンバーごとにお気に入りのエピックがあるでしょうから、最大40名の研究所内で10名集めるのはたいへんかも。ということで試してはいません。

「エピック」の運営には、エネルギーが不可欠。エネルギーが切れると艦隊が止まってしまいます。ただ、航海中ずっと必要なわけではないので、エネルギーにゆとりがあるときには研究所のみなさんに寄付するというのがよさそう。つまり、エネルギーはいくらあっても余ることはありません。それなのに「司令室」に登録したメンバーから分けてもらえるエネルギーが半分になった気がします。宇宙船「プローブ」には7万エネルギー搭載できるので、50%のメンバーからは最大35,000エネルギー受け取ることができたのですが、それが今は最大17,500なのです。不可解です。

「エピック」も「研究所」も、希薄とはいえ「人づきあい」があります。「エピック」は一旦出発すれば、あとは勝手に進むのですが「研究所」は6時間ごとに寄付募集広告期限が切れるので、再度「リクエスト」しなければなりません。リクエストを忘れると、お返ししようとした相手の募集広告がないために寄付できないことになります。「エピック」よりは「研究所」のほうが「人づきあい」の度合いは深くなりそう。気持ちよく寄付してもらうにはどうすればいいか、いろいろ工夫してみましょう。

Bon Voyage!

«玉依姫ー八咫烏シリーズ 5 (阿部知里)

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ