2017年7月20日 (木)

空棺の烏ー八咫烏シリーズ 4 (阿部知里)

空棺の烏 八咫烏シリーズ 4 (文春文庫)
空棺の烏 』はシリーズ第4弾。今回は、若宮の近習も勤めた雪哉が、山猿と戦う力を身につけるために武官養成学校「勁草院」に入学します。毎回、物語を異なる角度から語って見せてくれます。

1. 茂丸
2. 明留
3. 千早
4. 雪哉

上記目次のように、今回は4人の主要メンバーの語りで進んでいきます。本書のタイトル『空棺の烏』というのは、先代の金烏の亡骸が収められているはずの棺が空のままだという意味。これは由々しき事態なのですが、若宮にはどこを探せばよいのかわかりません。

この八咫烏たちの世界は何かがおかしい。というか、おかしくなってきている。それはわかるのだけれど、どこがどうおかしいのか。若宮も雪哉もその謎を解き、平和をもたらすために奔走するのです。

それを捻った展開で飛んでくるものだからびっくりさせられますが、一巻ずつ読み進むにつれて、謎の糸がつながり、世界観が伝わってくる、その感覚がおもしろいのです。細かい表現がどうとか、そういうことは気にする必要はないでしょう。

お勧め度:★★★☆☆

2017年7月18日 (火)

岐阜県美術館『日本画の逆襲』を観てきました!

新聞広告で岐阜県美術館の『日本画の逆襲』展を知って、日本画のことはなにもわからないけれど、面白そうなので足を運んでみることにしました。映画『スターウォーズ』世代には「逆襲」は見逃せません!(笑)

Gifumap0716

名古屋からJR東海道線快速で岐阜駅へ。暑いから、南口のサカエパンでアイスクリームパンを買おうと思ったら、まさかの「休業日」。いつものようにレンタサイクルを100円で借りて向かうは「茶洋館マサラ」。

Img_0271

朝9時の開店にあわせて到着。お客さんがどんどん入ってきます。人気店なんですね。

Img_0269

マサラブレンドに、フレンチトーストのモーニングを頼んだら、サラダとフルーツ(バナナ、グレープフルーツ)もついてきました。これで470円のコーヒー代のみ。コーヒーはおいしいのだけれど、すこしぬるい。もうすこし熱くてもよかったかな。でも、フレンチトーストといっしょに飲むとすごくおいしい。ワッフルが有名みたいだから、スイーツに合うようにブレンドしてあるのかもしれませんね。

岐阜県美術館は10時開館なので、それにあわせて移動。茶洋館マサラのまえの道路をまっすぐ南西に向かうだけなので迷うことはありません。ただ、車道は怖いし、歩道がすごく狭いので自転車では走りづらかった。

Img_0273

岐阜県美術館は立派な建物です。お目当ての『日本画の逆襲』は期待どおり、おもしろかった。CGのような「宙」は鮮やかな動きが感じられたし「木漏れ日」はキラキラしてたし「orbit」が掛軸になっているのが可笑しかったし「ハナカスミ」は純粋にきれいだった。和紙に岩絵具を使って描けば日本画になるわけではないのでしょうけれど、伝統的技法にとらわれない作品たちが素敵でした。

遠くから離れて観て、ぐっと近づいて見て「あ、こういうのもアリなんだ」と気づかせてくれる発見があります。

また、熊谷守一の襖絵展もよかった。そのユーモラスさに思わず頰が緩んでしまいます。見る人を幸せにしてくれる襖絵です。おっかない獅子や龍よりよほどいい。

それにしても、開催2日目でわたしの入場券番号は000092。週末なのに少なくないですか。みなさん、もっと美術館に足を運びましょう。もったいないです。

とはいえ、そのおかげで館内は静かで読書がはかどりました。

この中央のスペースには、ミケランジェロの模刻が3体とちいさなパイプオルガンがあります。パイプオルガンの演奏会も開かれるようです。

Img_0272

少女漫画風の表紙だと人前で出すのが恥ずかしい。

お腹が空いたけれど、岐阜駅の南側は詳しくない。かといって、柳ヶ瀬とか北側まで回る気力が(暑さのために)ありません。近くに適当なお店はないものかと iPhone の「食べログ」でチェックしたら「ピッツェリア・マリノ」がありました。名古屋にもあるので勝手はわかります。

Img_0275

パスタセットを注文すると、ピザ、サラダ、スープ、ドリンクが自由に選べます。テーブル上でピザを温めることができるのでおいしくいただくことができました。おかげで食べ過ぎてしまい超満腹。(まじでくるしい…)

Img_0279

美術館北の八ツ草公園の東屋で休憩。ここでも本を広げたのですが、まだ蚊がいないのは助かるものの、お昼を過ぎて熱気がすごい。保冷ポットのお茶がなくなったところで我慢大会は終わりにして岐阜駅へ戻ることにしました。

いつものことながら、芸術よりも食欲に走ってしまう傾向があります。失礼しました。

2017年7月16日 (日)

黄金の烏ー八咫烏シリーズ 3 (阿部知里)

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)
黄金の烏 』は八咫烏の国で「仙人蓋」という薬(麻薬?)の被害を追ううちに、世継ぎの若宮と雪哉は大猿に襲われ壊滅した村を発見します。大猿は一体どこから侵入したのか。これは国の存亡に関わる大事。若宮は調査を開始するのですが…。

壊滅した村で唯一の生き残り、小梅という娘を保護したのが雪哉の実家。小梅の父の行方が知れないというのに彼女は慌てる素振りを見せないことに雪哉は不審を抱きます。「彼女はなにかを隠している」。

この八咫烏シリーズを読んでいて、思い出すのは小野不由美の『十二国記』シリーズ。雰囲気が似ているのです。だとすると、これもホラーファンタジーだから、八咫烏たちが大猿に殺され喰われ、食料として甕に詰められるといった残酷な描写も不思議ではない、と。ほんとはホラーは苦手なのですが、物語の展開が気になると読んでしまうのです。そういう意味では、いちばん怪しいのは小梅です。本シリーズでは、無邪気な少女は怪しいのです。

お勧め度:★★★☆☆

2017年7月14日 (金)

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 起動しました

「iPhoneでWalkr4.0が起動しない」と開発元にメールしたところ、即日返答がありました。Thanks > Fourdesire!

“please make sure that you’ve already linked Walkr with one of you social media account to save the game progress.”

* Instruction:
1. Force to close the Walkr app and leave it for 30 minutes.
2. Delete Walkr.
3. Reboot your phone.
4. Reinstall Walkr.
5. Tap the social media to connect after passing the tutorial.

上記の指示に従ったところ、見事に起動しました。しかし、Walkrを削除する際「このAppを削除すると、Appのデータも削除されます」というメッセージには一瞬怯みました。だって、これまでの努力が水の泡はイヤだ。避けたい。

Walkrで「エピック」に参加するには、WalkrからFBやTwにログインして、そのログイン名とアイコンを使うように設定するのですが、そうしていない状態で上記指示に従うとセーブデータが消えてしまうと思われるのでご注意ください。

いやぁ、助かりました。ちゃんとデータは残っていて、初回起動後のチュートリアルを済ませて、外部アカウントにログインしたらセーブデータを読み込み、購入品(広告を消す)を復元したらおしまい。半日ぶりに元に戻りました。エピックもそのまま進んでいます。よかった。

新しい惑星が5つ追加になったというので、まずは1つ探査開始。12日もかかるのか…。放置しましょう。惑星が増えて銀河が拡がるにつれて、どんどん時間とお金がかかるようになっていくから大変。そもそもこのゲームには終わりがありません。クリアするまえに惑星が増えるからクリアしている暇がないのです。これもゲームのひとつの形なのでしょうけれど、一方で「行き当たりばったりでいいのか」と、割り切れないものも感じます。

Img_0264_1

惑星と衛星、それにミッションが増えるのは、いつものアップデートなのですが、今回はそれに加えて「研究所」と「リーグ」なるものが増えています。「エピック」のように誰かが立ち上げた「研究所」に参加して、自分の好きな惑星を研究するらしい。「探索する星を選ぶ」候補として表示される惑星はレベル7以外なので、エネルギーを使ってアップグレードできるのかも。しかも、他の人から寄付してもらえるかもしれない、と。「エピック」とどうちがうか試してみなければ!

「リーグ」というのは、結局、銀河の住民数の競い合いらしい。元々「友人内」「JPサーバ内」の順位表示はあったところに、全サーバから同レベルのプレイヤーを集めたようです。つまり「一番が大好き」な人以外にはあまり意味はないかもしれません。

惑星のグラフィックや細かいアニメーションにも手が加えられていて、デザイン的にはよくできているのですが、100以上の惑星と数十のDFRを手早くタップしていく操作性も追求してほしい。そういえば、今回は宇宙船の種類が増えませんでした。

希望、要望はいろいろありますが、こういう美麗グラフィックに、成果をちまちま積み上げていくゲームって大好きなので、これからも応援しています!

追記:Ver.4.0.2のアップデートが公開されたけれど、現在のエピックが終了して、様子を見てからにします。

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 起動せず

本日未明 Ver.4.0.1 にアップデートされたようで、起動しようとしてもloading 10%表示後に落ちます。プログラムだかデータだかをロードできないように見えます。

Img_0261

iOS10.3.2 の iPhone SEです。事前に動作チェックしてないのかな。新バージョンでは、いくつか機能追加されたようですが、そもそも動作しないのでは意味がありません。

自動アップデートは危険なので「設定」>「iTune StoreとApp Store」>「アップデート」をオフにしました。

エピック中だったのに…困った。service@fourdesire.com に「お願いですからなんとかしてください」メールをしました。さて、何日で修正してくれるでしょうか。

2017年7月10日 (月)

烏は主を選ばないー八咫烏シリーズ 2 (阿部知里)

烏は主を選ばない (文春文庫)
烏は主を選ばない 』は第1巻『烏に単は似合わない 』とおなじ時間軸で若宮側から見た物語。前巻で、姫たちのまえに一向に現れない若宮は一体なにをしていたのかが語られます。つまり、1巻と2巻で1セットなのです。2巻のタイトルもまた意味深であります。

若宮というのが変わり者でして、広大な宮に護衛を一名、側仕えを一名きりしか置かないのです。側仕え候補がすぐにやめてしまうところに送り込まれたのが、北家の「ぼんくら次男坊」の雪哉です。

いきなり庭に連れ出され「ここに同じ植物を2つずつ植えてあるから、一方には井戸の水、もう一方には滝の水を遣ること」と言いつけられます。井戸は近いからよいけれど、滝は遠い。烏に転身して飛んでいけばよいのですから便利ですが、それにしても他にも山のように用事を言いつけられたので急がないと間に合いません。最初から諦めるのは悔しい雪哉は意地になってやり遂げるのでした。なぜ別の場所の水を遣るのでしょうか。不穏な空気を感じます。

貴族の若者であれば、若宮の側仕えになることは名誉らしいのですが、庶民の雪哉は名誉など要らないから側仕えなど勘弁してほしいというのが本音。若宮に対してもぞんざいな態度でタメ口です。その後、雪哉は若宮に散々な目に遭わされます。なんの説明もないのだから雪哉も怒るわけですが、それでも逃げ出さないのはたいしたもの。読んでて楽しいです。

ただ、一巻同様、誰が味方で誰が敵か、なにが善でなにが悪なのかは隠されています。突然ひっくり返ってびっくりする羽目になるのでお楽しみに!

お勧め度:★★★★☆

2017年7月 6日 (木)

烏に単は似合わないー八咫烏シリーズ 1 (阿部知里)

烏に単は似合わない (文春文庫)
烏に単は似合わない 』は、ふだんは人の形をとっている八咫烏一族が治める国における、世継ぎの若宮のお后選びを描く、和風ファンタジーです。東西南北四家から送り込まれたお后候補の姫たちが主人公なのに『烏に単は似合わない 』とはまた、意味深なタイトルではありませんか。

東家からは長女の代わりに急遽妹姫が送り込まれることになり、物見遊山に出かけるようにはしゃぐ姫がかわいい。しかし「玉の輿」に乗ることができるかどうか。四家の思惑が絡み合い、陰謀が渦巻くなか、果たして誰が若宮をゲットするのか、目が離せません。

平安王朝風ファンタジーの世界を能天気に楽しんでいたのですが、最後にまさかのどんでん返し。これ、単なるファンタジーではなくミステリーだったのね。つまり、読者にとって、登場人物の当初の設定は意味がなく、あるとき突然本性を現すので要注意です。

能天気に楽しみたかった気もするけれど、そういうことであれば、こちらもそのつもりで続巻を読ませていただきます。

お勧め度:★★★★☆

2017年7月 2日 (日)

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんとビブリアファイト部活動日誌 (峰守ひろかず)

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)
こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 』は 『ビブリア古書堂の事件手帖』のスピンオフ。主人公は鎌倉の高校生、卯城野こぐちと、前河響平。こぐちは唯一の図書部員として、旧校舎にある旧図書室で過ごしていたのですが、旧図書室の使用権を賭けて響平とふたりで「ビブリアファイト」を行うことになったのです。

1. コナン・ドイル『名探偵ホームズ I 赤い文字の謎』
2. 中島敦『李陵・弟子・名人伝』
3. L•M•オールコット『若草物語』
4. ル=グウィン『影との戦い ゲド戦記 I 』
5. ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』/鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』

ビブリア古書堂の事件手帖』が7巻で完結すると同時に、こういう本を出すなんて商売が上手いなぁ。本家はラノベだとは思えなかったけれど、こちらはラノベ全開。イタイ男子高校生と内気美少女の物語。「ビブリアファイト」は、5分間で本をプレゼンして、審査員に「読んでみたい」と思わせたほうが勝ち。本のチョイスが高校生っぽい。だけど、ちゃっかり栞子さんも登場していて楽しめました。

さて、ふたりは旧図書室を守り切ることができるのでしょうか?

お勧め度:★★★☆☆

2017年6月28日 (水)

本を守ろうとする猫の話 (夏川草介)

本を守ろうとする猫の話
本を守ろうとする猫の話 』は 『神様のカルテ 』の作者による長編小説。

高校生の林太郎は、夏木書店を営む祖父とふたり暮らし。だったのですが、祖父が他界し、呆然としているところから物語は始まります。叔母さんに引き取られることになっているのですが、ちょっとした事件が起きます。

1. 第一の迷宮「閉じ込める者」
2. 第二の迷宮「切りきざむ者」
3. 第三の迷宮「売りさばく者」
4. 最後の迷宮
5. 事の終わり

夏木書店は古典もしっかり揃えてある古書店。そこへトラ猫が現れて「本を助けてほしい」と頼みます。これは夏目漱石か、涼宮ハルヒか!?

林太郎は学校でも目立たない、自宅で本を読んでばかりいる引きこもり。「ぼくなんかよりもっと役に立つ人がいるだろうに」と断ります。が、猫は「おまえの力を貸してほしい」とねじ込んだ結果「迷宮」に連れていかれる羽目になったわけです。

第2章までは『STORY BOX』に寄稿したもので、以後は書き下ろしだとか。たしかに2章まではインパクトがあって引き込まれたのですが、後半はきれいにまとめすぎてて物足りず、ちょっと残念でした。

他にも、わたしは古書店が舞台になっている『東京バンドワゴン』『ビブリア古書堂の事件手帖』『書楼弔堂 』などがお気に入り。日経新聞で見たのですが、駒場公園の日本近代文学館1階に "BUNDAN COFFEE&BEER"というブックカフェがあるとか。そこでAKUTAGAWAという珈琲をいただいて、のんびり本に埋もれてみたい。

夏木書店のその後が気になるので、続編を期待しています。

お勧め度:★★★☆☆

2017年6月24日 (土)

マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏)

マージナル・オペレーション改 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション改 02 』は本編の後日談の続編。3000人の子供たちの安住の地を求めるにも先立つものが必要、というわけで、ジブリールとふたりで中国に出稼ぎに来たアラタです。

1. 語学研修
2. 戦争の学校
3. 豆坦克について
4. 占領計画
5. 逃走

中国で語学、武器などについて研修を受けたのち、北朝鮮に派遣される予定なのですが、ふたりを出迎えたのは、シベリアのお目付役パウローでした。

ジブリールも語学研修を受けるものの勉強は苦手なようで、アラタに手料理をふるまうことに力を注ぎます。パンダのエプロン姿のジブリールがかわいい。アラタの鈍感ぶりは鉄壁ですが、ジブリールも諦めません。アラタにすれば、拗ねるジブリールはめんどくさいだけなのですが「子供」は好きなので邪険にはしません。ジブリールが「大人」認定されたとき、嫁にするか捨てるか、ふたつにひとつ。後者はジブリールの死を意味するでしょう。(こわい)

語学はともかく、ドローンが重要視されているのがリアル。マジオペは「軍事ラブコメ」なので、なにげに現実世界の裏側を匂わせてくれるのも魅力のひとつ。

ジブリールは「アラタはわたしが守ります」というだけあって最強です。しかし、子供たちにこんなことをさせるなんて、アラタの心がよく折れないものだと感心します。

お勧め度:★★★★★

«真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (大沼紀子)

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ